ホーム > 茅ヶ崎版 > ローカルニュース > 被災者を受け入れ

茅ヶ崎

被災者を受け入れ

翔の会 生活のための募金活動も
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
被災地から来たエル・ファロの職員と入所者
被災地から来たエル・ファロの職員と入所者

 社会福祉法人翔の会が3月18日、東日本大震災で被災した福島県いわき市の施設入所者たちの受け入れを行った。

 受け入れたのは社会福祉法人エル・ファロのグループホーム「リバーサイドSIN」の入所者7人と職員4人。「(震災当日は)道路が陥没し、近所の人たちも含め施設に約50人が避難して一夜を明かしました」と話すのはエル・ファロの猪狩久美事務局長。食料・水不足に陥る中、職員は入所者に寄り添い続けたという。そして、ネットワークを駆使して、残されたガソリンで茅ヶ崎にたどり着いた。

救う会立ち上げ

 「水が出るよ」。入所者たちが茅ヶ崎に着いて発した言葉。被災地では水が出ず、避難所は機能していなかった。また、重度の障害者を抱えており24時間付き添っていなければならず、給水所に水を取りに行くことも出来なかった。「とてもじゃないけど無理。ガソリンがなければ行きたくても行けなかった」

 18日は翔の会の施設に宿泊し、19日からは社宅に泊まっている。「周りの方たちの支えがありがたい。一番困る薬の手配もしてもらいました」と猪狩さん。

 さらに、有志たちが集い「エル・ファロを救う会」を立ち上げ、21日からは避難生活資金を確保するための募金活動を実施している。「皆さんのおかげで不自由なく暮らせています。本当に救われました」と猪狩さんは感謝しきりだった。
 

  • 生活資金のための募金活動も実施生活資金のための募金活動も実施

関連記事

powered by weblio


茅ヶ崎版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

国木田独歩を知る

没後110年

国木田独歩を知る

 6月23日 講演と懇親会

6月23日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野