ホーム > 茅ヶ崎版 > ローカルニュース > 県が液状化検討会議を発足

茅ヶ崎

県が液状化検討会議を発足

みずき地区でボーリング調査も
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加

 東日本大震災の被害を受け、県は今月25日、県土整備局と安全防災局とで「液状化対策検討プロジェクトチーム」を立ち上げ、検討会議を開いた。

 県内の液状化被害は横浜市などで72件を確認しており、茅ヶ崎市内でもみずき地区の住宅地で1件の報告があった。今回の地震では県が2009年に作成した液状化予想図で含まれないエリアでも被害があったことから、その実態調査に努めるために動き始めたところ。県は5月中に地質の性状を調べるボーリング調査をみずき地区でも実施する予定で、これらのデータをもとに液状化の解析を行う意向だ。
 

関連記事

powered by weblio


茅ヶ崎版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野