ホーム > 茅ヶ崎版 > ローカルニュース > 防災の課題500項目具体的な解決目指す

茅ヶ崎

防災の課題500項目具体的な解決目指す

市が今月中に対策強化の計画公表
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加

 茅ヶ崎市は現在、東日本大震災発生後の対応やこれまでの防災対策などを総合的に見直している。再検証の結果は今月27日(金)に「(仮称)茅ヶ崎市防災対策強化実行計画」として公表する予定となっている。

  * * * * * * * *

 市の防災計画は平成21年6月に出されたものが最新だったが、今回の震災で不備も浮かび上がった。地震直後に発生した2000人規模に上った帰宅難民者の対応、災害対策本部の指揮命令系統が一部スムーズに機能しなかったことも見直すきっかけになったという。市では3月30日から全部署に課題の提出を依頼し、過去の防災計画上の問題と今回新たに見つかった課題の合計約500項目を洗い出した。これらの解決に向けた検討を行い、同実行計画の策定を行っているという。

時期別に問題解決目指す防災組織強化も

 今回発表される計画では課題の具体的方策が時期別に【1】計画策定から1ヵ月以内で対応を検討、【2】概ね3ヵ月以内で検討、【3】概ね1年以内で検討に分けられる。1ヵ月以内のものとして「一時避難場所としてのマンション等との協定拡充」、「帰宅困難者の誘導、避難所の周知等対応の強化」など132項目、3ヵ月以内の対応として「難聴地域における防災行政用無線の整備」、「職員参集システムの活用範囲の拡大」など337項目、1年以内のものとして「応急危険度判定士の有資格者の充実」、「津波監視体制の充実」など67項目がある。加えて自衛隊や警察OBなどを専門的なアドバイザーとして登用し、防災対策の組織強化にも乗り出す。

 市では「津波監視や防災無線の問題に対応する新機器の導入なども検討しているほか、既に対策に乗り出しているものもある。安全を確保するための緊急強化に務めたい」と話している。
 

関連記事

powered by weblio


茅ヶ崎版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野