茅ヶ崎版 掲載号:2011年8月26日号
  • googleplus
  • LINE

自助・共助・公助の連携を図れ 総合防災訓練で地域の絆を 松浪地区で約800人が参加

 東日本大震災でも実証されたように、災害時の要は地域防災力。自助と共助、そして公助。この比率が一般的には7:2:1の割合と言われている。自助とは、自らの安全を自分ひとりで守ること。共助とは、自分たちの住むまちなどで互いに助け合うこと。公助とは消防や警察、自衛隊などの公的機関の応急活動。これらの連携を強化すべく、市では毎年この時期に総合防災訓練を実施している。

 今年は今月21日に松浪小学校で14自治会と関係団体など約800人が参加し、大規模な訓練を行った。

 地域住民、市、消防署、消防団、自衛隊、医療組織などが参加する実践的な災害訓練。内容は初期消火訓練、救出訓練、防災機材の取り扱い、応急給食訓練、医療訓練など多岐に渡ったが、大震災の年に行われた初めての総合訓練とあって、教える側も教わる側も真剣な表情で取り組んだ。体験コーナーに設置された起震車を体験した小学生の女の子は「初めて震度7を体験しました。こんなのが起きたら死んでしまいそう」と訓練ながらも不安げな表情を浮かべた。

 総合防災訓練は今回で終わりだが、地区防災訓練は来年1月まで市内12地区の自治会連合会主催のもと実施していく。詳しくは市のホームページ(項目『地区防災訓練』)の参照を。
 

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

4月から29カ所に拡大

広域避難場所

4月から29カ所に拡大

3月16日号

小俣さん小川さんを選出

スポーツ大賞

小俣さん小川さんを選出

3月16日号

ボランティア基礎を学ぶ

発行30号を達成

まちぽっち通信

発行30号を達成

3月16日号

ご当地キャラが大集合

ギネス認定に町工場の力

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ご当地キャラが大集合

ご当地キャラが大集合

24日・25日 ラスカ茅ヶ崎

3月24日~3月25日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク