茅ヶ崎版 掲載号:2011年9月9日号
  • googleplus
  • LINE

兆候調べて地震予知へ 市民が手軽な機器開発

社会

じしんカンを持つ岩坂さん
じしんカンを持つ岩坂さん

 日々の観察によって大地震の兆候が分かる”かもしれない”理科実験器具が開発されている。

 市内円蔵在住の岩坂一尋さん(51歳)が作り上げた『じしんカン』は18リットル缶(一斗缶)など、身近な部品などで作られている。「ヘルツホルム共鳴」という物理学の原理を応用しており、缶の周りで鳴る音によって異常を察知する仕組みだ。使い方は、冷蔵庫など屋内で日常的に音(低周波音)を出している所に缶を置き、これに岩盤から伝わってきた別の低周波が来ると2つの音が共鳴していつもと違う音が鳴るというもの。岩坂さんによれば共鳴した時には扇風機に声を向けた時のような音が聞こえるという。

 開発のきっかけは東日本大震災前夜に自身が体験した微細な異常音だ。「震災後に改めて考えて、あの音は震源域から来た低周波によるものだったのでは、と考えました」(岩坂さん)。そこから市民が気軽に使用できるものを、と一斗缶を使ったエコ機器を作り上げた。岩坂さんは「これは検知器ではなく観察が必要な理科実験器具。少しでも防災の役に立ってもらえれば」と話している。じしんカンの問合せは岩坂さん【携帯電話】080(5453)8900。
 

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ご当地キャラが大集合

ご当地キャラが大集合

24日・25日 ラスカ茅ヶ崎

3月24日~3月25日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク