茅ヶ崎版 掲載号:2012年2月17日号

ポリオ(小児まひ)不活化ワクチン

3月までの予約終了 社会

県で3778人応募 茅ヶ崎では146人が接種

 神奈川県が昨年から独自で始めたポリオ(小児まひ)の不活化ワクチン接種。受付開始から多数の応募があり、3月まで各会場の接種予約は満員の状況だ。

 国内では現在、乳幼児に対しポリオウィルスの病原性を弱めた薬(生ワクチン)の接種が行われている。ごくまれに副作用としてポリオと同様の症状が出ることがあり、最近では接種を見合わせる保護者が増えている。これに対し、ウィルス自体を殺して病原性を無くし、免疫の生成に必要な成分だけを抽出したものが不活化ワクチンだ。このワクチンは副作用の危険性は少ないが現在は国内未承認薬で、国の導入は早くて2013年頃とみられている。このことなどから県では不活化ワクチンを独自輸入し、昨年11月から有料での接種受付を開始した。

 当初輸入したワクチン1200人分に対し、2月10日現在までの申込は3778人。接種会場は茅ヶ崎保健福祉事務所(市内茅ヶ崎)の他、平塚、小田原、厚木の4ヵ所。ワクチンの接種は受付順で行われており、茅ヶ崎保健福祉事務所でもこれまで146人が訪れた。3月は定員を増やし80人としたがこちらも予約で埋まっている状況。また不活化ワクチンは全部で4回接種の必要があり、3月からは2回目以降の接種が始まる児童も出てくることから、県では追加の輸入も予定している。

 県保健医療部健康危機管理課は「2月に入っても継続的な接種の申し込みや問い合わせが続いている。初めての取り組みで予想がつかなかったが県民の生ワクチンへの不安がかなり多かったと思います」と話している。接種希望者は全員受けることが出来るポリオの不活化ワクチン。今後は会場数や日程、接種人数を増やすことなどを検討中で、4月以降の接種日などの詳細は今月中に発表される見通しだ。不活化ワクチンに関する問合せは【電話】045・210・3570まで。
 

茅ヶ崎版のトップニュース最新6件

空き家の活用を推進

松林チームが男女V7

第79回高南駅伝

松林チームが男女V7

1月20日号

57年ぶり40件下回る

2016年火災発生件数

57年ぶり40件下回る

1月13日号

ゲームで避難所運営体験

2,195人が門出

成人のつどい

2,195人が門出

1月6日号

鶴が台中 石井さんが最優秀

県地球環境保全ポスター

鶴が台中 石井さんが最優秀

1月6日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

関連記事(ベータ版)

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク