茅ヶ崎版 掲載号:2012年3月2日号

復興へ「がんばりっこ」

いやしの会が人形制作

人形を手にする篠さん(左)と川端さん
人形を手にする篠さん(左)と川端さん

 市内浜之郷在住の川端麻理さんと円蔵在住の篠裕子さんらが中心となり活動する「いやしの会・茅ヶ崎支部」が「がんばりっこ人形」を制作している。

 この活動は、東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市で避難所生活を送る人たちなどを支援しようと行われているもの。

 川端さんは同市で暮らす友人が被災し、被災地の人の心のケアをしようと現地の友人宅を利用して、仲間とともに10月と1月にワークショップを開催した。その際に持ち寄ったお手玉の中に偶然紛れていた人形を現地の人が気に入り、復興に対する願いを込めて「がんばりっこ人形」と名付けた。手のひらサイズの人形は羊毛で作られていて、両市のグループの間でそれぞれ制作されている。

 茅ヶ崎市内では、3月3日(土)にちがさき市民活動サポートセンターで開催される「さぽせんワイワイまつり」で1個500円で販売する。売上金は全て義援金として気仙沼市に寄付される。川端さんと篠さんは「人形を作っている人や手に取る人を見ていると自然と笑みが生まれています。やがて日本中が笑顔になってくれることを願っています」と想いを込めていた。
 

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

関連記事(ベータ版)

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク