茅ヶ崎版 掲載号:2012年5月18日号

神奈川県看護賞を受賞した

志賀 愛子さん

寒川町在住 59歳

健康守る「調整役」

 ○…「色々なことをさせて頂き、刺激を受けながら仕事を続けることが出来ました」。保健師として今年で38年目を迎え、今は茅ヶ崎保健福祉事務所の保健福祉部長を務める。看護賞は長年の功績が評価され、県内の保健師や助産師、看護師の中から選ばれた。2007年に起こった新潟県中越沖地震の経験に基づき、「神奈川県災害時保健師派遣マニュアル」の作成業務にも携わった。これが昨年の東日本大震災の時にも迅速な対応に役立ったという。

 ○…1975年に神奈川県に入庁し、小田原保健所に配属。家庭を訪問し、障害児などの保健指導に追われていた。「指導というよりも話を聞き、不安や悩みを共有することが大事」。障害がある子どもを持つ母親は自責の念に駆られている場合もある。難しい問題に直面した時は時間をかけて対話を繰り返した。「現状を受け止め母親が前向きになる姿を見ると自分も成長できた」と振り返る。その後も訪問看護ステーションの指定や保健師の人材育成などの分野で活躍した。「与えられた仕事はとにかくやってみる」がポリシー。新しい仕事に関わるたびに自然と身に付けていった。

 ○…「自立のために手に職を」と保健師を目指すきっかけとなったのは高校生の時。保健師と接する機会があり、漠然と憧れていった。趣味はテニスやスキー、ゴルフなどスポーツ全般。また、音楽グループ「オフコース」のファンであり、観劇なども好む。

 ○…地域の人々の健康を守るために、保健師は「調整役」としての役割が大きいという。「仕事は地味ですが、看護師やヘルパーなど色々な職種の方といかにうまく連携できるかが重要なんです」。各分野のエキスパートの知恵を効果的に集結させるために、日々奔走してきた。「県民の方にとって有意義になることが使命。これからも保健・医療・福祉の分野から地域を再生していきたい」と物腰の柔らかい口調で話していた。
 

茅ヶ崎版の人物風土記最新6件

下村 さなみさん

ライフオーガナイザーとして「湘南ライフデザイン」の代表を務める

下村 さなみさん

1月20日号

岡村 信悟さん

(株)横浜DeNAベイスターズ代表取締役社長に就任した

岡村 信悟さん

1月13日号

貴田 力丸さん

2017年茅ヶ崎市成人のつどい実行委員長を務め、式典で代表の言葉を述べる

貴田 力丸さん

1月6日号

高橋 慶さん

茅ヶ崎青年会議所(JC)の2017年度第50代理事長に就任した

高橋 慶さん

1月1日号

星 千鶴さん

茅ヶ崎ランドセルプロジェクトの代表を務める

星 千鶴さん

12月16日号

斉藤 美由紀さん

かながわ子ども・子育て支援大賞 奨励賞を受賞した「mana」の代表を務める

斉藤 美由紀さん

12月9日号

関連記事(ベータ版)

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク