茅ヶ崎版 掲載号:2012年6月15日号

街路灯電気料金

2割増の可能性も 経済

値上げ問題で商店会や市が懸念

商店会が管理する街路灯は市内に700本弱ある
商店会が管理する街路灯は市内に700本弱ある

 電気料金値上げ問題で、茅ヶ崎市内の商店会が管理する街路灯の電気料金に対し、負担増を危惧する声があがっている。現在、東京電力(株)が国に申請している電気供給約款の変更が決定した場合、負担額は2割ほど上がる可能性があるという。

 現在、市内の街路灯や防犯灯は商店会や自治会等が管理し、電気料金は商店会や茅ヶ崎市等が負担しているケースが多い。市内に商店会は24あり、管理する街路灯(アーケード含む)は全体で700本弱(2011年12月末時点)。昨年の電気料金は約7百万円、そのうち市からは6割、約420万円の補助を受けた。 6月7日、市内商店会で組織される「茅ヶ崎市商店会連合会(戸塚邦雄会長)」の会長会で東京電力(株)が値上げについて説明を行った。その中で改定内容が決定した場合は「(街路灯の電気料金は)2割ほど上がる可能性がある」と話していた。これを昨年ベースで算出すると、商店会の負担は約56万円増、補助額も約84万円増となる。

 昨年の東日本大震災後に、節電対策として街路灯の間引き作業を行い、その時にかかる費用は東京電力が負担していた。だが、今回の値上げで間引きを実施する予定は今の所ない。

 ほとんどの商店会では電気料金は会費で賄っており「限られたお金で運営しているので非常に困る」と戸塚会長。値上げによって、イベント抑制や会費増を強いられることを懸念する声もある。茅ヶ崎市も現段階で具体的な対策はなく、「街路灯は古くなり、維持管理が大変になっているという話は出ています。(今後は)何かしら考えなければいけない」と話していた。
 

賃貸物件の管理募集中!

繁忙期を前に空室などでお困りのオーナー様は、お気軽にお電話ください。

https://www.inaoka-h.com/

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6件

空き家の活用を推進

松林チームが男女V7

第79回高南駅伝

松林チームが男女V7

1月20日号

57年ぶり40件下回る

2016年火災発生件数

57年ぶり40件下回る

1月13日号

ゲームで避難所運営体験

2,195人が門出

成人のつどい

2,195人が門出

1月6日号

鶴が台中 石井さんが最優秀

県地球環境保全ポスター

鶴が台中 石井さんが最優秀

1月6日号

関連記事(ベータ版)

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク