茅ヶ崎版 掲載号:2012年6月29日号

6月30日にワークショップを開催する「ネパールとの架け橋 ねぱるぱ」の代表

永田 恵子さん

室田在住 60歳

「少女の手に届くまで」

 ○…「マネー、マネー」。50歳の時、仕事や子育てから手が離れ、世界の子どもに目を向けようと行ったグアテマラ。その食堂で出会った少女が忘れられない。「生まれる場所が違うだけで、食べる人と、それを眺める人に分かれる。何で?」。物乞いする子どもにお金や物を与えるのではなく、「子どもが働かなくていい時代を築きたい」。その思いを胸に現在、公平な貿易・フェアトレードの仕組み作りをする団体「ねぱるぱ」の代表として奔走する。

 ○…初めて海外に行ったのは35歳。印刷会社に長年務め、身体を崩したことと、娘の後押しがきっかけだった。思い切った選択に思えるが、「それだけ弱っていたってこと」。自然な流れだったと話す。当時小学6年だった娘を連れてデンマークへ。52カ国から人が集まるインターナショナル・ピープルズ・カレッジに通った。この海外での経験によって、人生の選択肢が一気に広がったという。

 ○…「世界の子どもを支援するといっても何をしたらいいか分からなかった」。そんな時に参加した講演で、ネパールのパルパ郡で生活しながら支援する垣見一雅さんと出会い、パルパ郡への支援が始まった。最初は命に直結する「水」を支援。水場が村にあると病気が減り、命が助かる。水汲みから開放されれば、子どもが学校へ通うことも叶う。日本で寄付を募り、3年間かけて2カ所分の支援金を集めた。既に1つ目の水場は完成。しかし、ここで活動の原点に戻って考えた。「この水はあの少女の手に届くだろうか」

 ○…水場の支援が、「フェアトレード」の仕組み作り、「ねぱるぱ」の活動につながっている。目標は、1年以内にパルパ郡から輸入したコーヒーを茅ヶ崎のカフェで楽しむこと。生産量や品質の向上、周知するためのイベント開催…。課題は山積するが一歩一歩進める。いつか公平な貿易が世界に広がり、「あの時の少女の手に届くように」と。
 

ラスカ茅ヶ崎・平塚・小田原

11月26日(木)から29日(日)はJREポイント5倍キャンペーンを実施!

http://www.lusca.co.jp/

<PR>

茅ヶ崎版の人物風土記最新6件

下村 さなみさん

ライフオーガナイザーとして「湘南ライフデザイン」の代表を務める

下村 さなみさん

1月20日号

岡村 信悟さん

(株)横浜DeNAベイスターズ代表取締役社長に就任した

岡村 信悟さん

1月13日号

貴田 力丸さん

2017年茅ヶ崎市成人のつどい実行委員長を務め、式典で代表の言葉を述べる

貴田 力丸さん

1月6日号

高橋 慶さん

茅ヶ崎青年会議所(JC)の2017年度第50代理事長に就任した

高橋 慶さん

1月1日号

星 千鶴さん

茅ヶ崎ランドセルプロジェクトの代表を務める

星 千鶴さん

12月16日号

斉藤 美由紀さん

かながわ子ども・子育て支援大賞 奨励賞を受賞した「mana」の代表を務める

斉藤 美由紀さん

12月9日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

関連記事(ベータ版)

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク