茅ヶ崎版 掲載号:2012年9月28日号
  • googleplus
  • LINE

市内唯一の設備を説明 中央病院で意見交換会

社会

説明を聞く参加者たち
説明を聞く参加者たち

 医療と介護の連携体制づくりを進める茅ヶ崎市は18日、医療法人社団康心会・茅ヶ崎中央病院(新井田修院長)で、市内のケアマネージャーらと同病院との間の意見交換会を実施した。

 これは介護事業に従事する人たちが同病院の提供する医療・介護サービスへの理解と知識向上のために行われたもの。

 当日はケアマネージャーや包括支援センター職員、同病院の担当者ら60人が参加した。同病院の新井田院長の挨拶で始まった意見交換会では、長住知子看護部長ら同病院の担当者らが病院の特長を次々と説明。看護体制や透析センターの概要、通所リハビリテーションなどの説明に参加者たちは熱心に聞き入っていた。 また、県内で11カ所、市内で唯一導入されているがんの画像診断装置、PET‐CTの説明も行われた。参加者たちからは「通所リハの空き状況は」「ショートステイは登録だけできるのか」「PET‐CT受診はどうすれば」といった質問が行われ、担当者らが丁寧に答えていた。
 

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

松籟庵で雛人形展示

松籟庵で雛人形展示

3月4日まで

2月10日~3月4日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク