茅ヶ崎版 掲載号:2012年10月5日号
  • googleplus
  • LINE

2012年基準地価格 開発の影響 反映 一部地域に震災の余波

2012年9月20日付けで、県内の地価調査の結果(基準地価格)が神奈川県から発表された。この基準地価格は、毎年7月1日現在の価格として発表されるもので、今年も県内927地点の価格が発表された。

【県内地価動向】

 4年連続で全用途において下落しているが、住宅地△0・7%(前年△1・5%)商業地△0・5%(同△1・6%)となるなど、前年同様に下落率は縮小する傾向にある。特に、横浜・川崎市を中心に上昇地点が増えており、住宅地では56地点が上昇(前年は0地点)、商業地では29地点が上昇(前年は0地点)し、横ばい地点も前年比で増加するなど、一部には持ち直しの動きがみられる。

【市内住宅地動向】

 市内住宅地の平均下落率は前年をやや下回った。この理由としては、震災に伴う津波の心理的影響がようやく一段落し、不動産需要が堅調となったことや、マンション供給が増えていること等があげられるが、その一方で、海に近い2地点では下落幅が拡大するなど、一部地域には震災の影響が残っている。辻堂駅周辺においては、客足が好調な「テラスモール湘南」や、マンション・病院等の開発の影響から、6%を超える上昇地点がみられた。

【市内商業地の動向】

 市内商業地の下落率も住宅地同様に、平均で前年を下回った。この理由としては、震災に伴う計画停電により落ち込んだ消費の揺り戻しがあげられる。辻堂駅前の「テラスモール湘南」は幅広い商圏から集客し依然として好調さ維持しており、また、茅ヶ崎ラスカの増築(2014年度完了予定)計画が発表されるなど、核となる店舗の充実が目立ってきている。

需要は一進一退

【今後の不動産市況】

 震災による様々な地価下落要因は一段落しつつあるものの、依然として円高や株価が低調なことから、景気持ち直しの動きは脆弱な状況にあり、不動産需要も一進一退を繰り返している。今後は、土地の面積を細分割し総額を抑えた物件の供給がますます増えるものと思われ、良質な街並みの維持や防災の面からも懸念材料となっている。資料提供・不動産鑑定士 四家俊英
 

茅ヶ崎版のトップニュース最新6件

最後の高校生アート展

茅ヶ崎市美術館

最後の高校生アート展

2月16日号

犯罪防止活動に栄誉

消防本署に救急隊増配置

3月25日 オープン

柳島スポーツ公園

3月25日 オープン

2月9日号

8年ぶり死者ゼロ

ビューカードと初コラボ

市制70周年記念事業

ビューカードと初コラボ

2月2日号

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

松籟庵で雛人形展示

松籟庵で雛人形展示

3月4日まで

2月10日~3月4日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク