茅ヶ崎版 掲載号:2012年10月26日号
  • googleplus
  • LINE

親子でサツマイモ収穫 遊休農地の活用図る

育ててきた芋を堀り出した
育ててきた芋を堀り出した

 10月20日に市内堤の畑でサツマイモの収穫が行われた。これは、茅ヶ崎市が耕作されなくなった農地や遊休農地の有効活用を図るために行っている事業。今年4月に市民の参加を募り、市内在住の小学生とその保護者5組14人や文教大学生が、農業委員の指導のもとサツマイモ作りを5月から行ってきた。5月に「紅東」の苗1200本を植え付け、6、7月に草取りやつる返し作業を行い、この日の収穫に至った。 

 当日は365平方メートルの畑で親子らが協力してサツマイモを掘り出した。収穫後には掘り出したばかりのサツマイモが蒸かして提供され、参加した保護者は「甘くて美味しい。自分たちで育て、食べることは子どもたちにとって、とても貴重な体験だと思います」と話していた。

 収穫されたサツマイモは参加者らに配布されたほか、小出小学校の学校給食でも提供された。
 

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

松籟庵で雛人形展示

松籟庵で雛人形展示

3月4日まで

2月10日~3月4日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク