茅ヶ崎版 掲載号:2012年12月21日号
  • googleplus
  • LINE

神奈川県ラグビーフットボール協会から表彰された茅ヶ崎ラグビースクールのコーチ 時崎正浩さん 寒川町在住 50歳

負けず嫌いのラガーマン

 ○…茅ヶ崎ラグビースクールで10年間コーチを務めたことが評価され、県ラグビーフットボール協会から表彰された。「『日本一』を育てたいんです」と話す。自身もスポーツ少年だったが、「いつも、あと一歩ってところでダメなんだよ」。悔しい思いをしてきた分、その思いがラグビーの原動力にもなったと振り返る。

 ○…ラグビーとの出会いは、高校1年生。きっかけは「足元にラグビーボールが転がってきたこと」と笑うが、当時、ラグビー部を題材にしたドラマ「われら青春」も流行っていた。「ドラマの影響もあったのかも」。ラグビー部は、「きつかった。当たれ!走れ!の繰り返し」。足をつったまま走ることも当たり前だった。入部時40人いた同級生は、たった4カ月で15人に減ったという。

 ○…大学、社会人でもラグビーは辞められなかった。「『日本一』になりたい」一心で練習に励む。しかし、大学ではリーグ戦で3回優勝を果たすも、全国大会に当たる交流戦では毎回、初戦敗退。実業団のNECでも「日本一の壁の厚さ」を思い知った。そして引退後、仕事の合間に教わった空手が転機に。「10年以上、1日中ラグビーをしてきたけれど全国に届かなかった。でも、空手は一日15分の練習で全国3位になれたんだ」。そこで気づかされたのが「指導者」の重要性だった。

 ○…神戸出身。ラグビー引退を機に、寒川町に引っ越した。「指導者次第で可能性は広がる」と、35歳の頃、テレビで近所のスクールを知り、息子と茅ヶ崎ラグビースクールへ指導者として飛び込んだ。高校時代からのもう一つの夢が「体育教師」。自身もスポーツを通じ、様々なことを学んできた。そして、45歳でNECを退職。身体のメンテナンスもできる指導者を目指し先月、茅ヶ崎市内に接骨院を開院した。働きながら教員免許も取得。「日本一を育てたい」。負けず嫌いな性格を一番の原動力に、これからも走り続ける。
 

茅ヶ崎版の人物風土記最新6件

神村 貴男さん

茅ヶ崎飲食店組合の新組合長に就任した

神村 貴男さん

2月16日号

金井 加代子さん

「神奈川なでしこブランド」に認定された(有)ティーケイトインターナショナルの代表取締役を務める

金井 加代子さん

2月9日号

矢島 敏さん

「第3回S―1沖縄しまくとぅば漫談大会」で3位に入賞した

矢島 敏さん

2月2日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月26日号

安部 竜一さん

雄三通りスマイルプロジェクト(YSP)のアートプロジェクトで街中に絵を描く

安部 竜一さん

1月19日号

岡 耕介さん

茅ヶ崎市美術館で2月4日(日)まで展覧会「TUMBLING DICE」を開催している

岡 耕介さん

1月12日号

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

松籟庵で雛人形展示

松籟庵で雛人形展示

3月4日まで

2月10日~3月4日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク