茅ヶ崎版 掲載号:2013年2月1日号
  • googleplus
  • LINE

3月から始まる瀬戸内国際芸術祭2013に参加する現代美術家 石塚 沙矢香さん 大磯町在住 32歳

心にじんわり残る作品を

 ○…春、夏、秋を通して開催される「瀬戸内国際芸術祭2013」に参加する。地元の美しい島々を会場に作品を出展するのは22カ国約180人の芸術家たちだ。当初、応募したが当落の反応は無く、諦めていた矢先に届いた1通のメール。「それが合格ではなく、まずはプランを練り直すこと、それ如何では参加できるかも?というものでした。時間は無かったけど再提出で何とか通りました」。生みの苦しみを経験したからこその笑顔で振り返る。

 ○…屋内外を問わず空間全体を作品とする「インスタレーション」で自身を表現する現代美術作家。1月から作品を展示する男木島(おぎじま)(香川県)で制作準備に取り掛かった。今回は島の生活を支えた古道具を空中に吊るし、独特な海面を表現する。「以前この島では水がとても貴重なものだったそうです。海に囲まれた島の生活ということも含めて、水面を表現したかった。すごく素敵な場所ということも伝えたい」。当初の予定を変更し、より水のイメージが出せるよう、試行錯誤しながら作品は完成へと向かっている。

 ○…父親が転勤族で静岡や広島、横浜市内など様々な土地を経験した。美大卒業後に制作の場を求めて茅ヶ崎へ。「引っ越しが多かったので、環境が変わることへの抵抗感が無くなりました。ニュージーランドで2カ月間滞在しながら作品を制作する企画に参加した時も大丈夫でしたよ」。現在は市内のギャラリーに勤務しながら、夫が農業を営む大磯町で暮らす。

 ○…「芸術を続けていくことは大変だけど、心にじんわり残るような良い作品を作っていきたいです」。今回の芸術祭をきっかけに飛躍する作家も多く、大きなチャンスを手繰り寄せた。「まずは知名度を上げて作品的にも経済的にも自立したいですね。そして今まで支援して頂いた方たちに恩返しがしたい」。笑顔の裏に秘めた強い思いで3月の開幕を迎える。
 

茅ヶ崎版の人物風土記最新6件

神村 貴男さん

茅ヶ崎飲食店組合の新組合長に就任した

神村 貴男さん

2月16日号

金井 加代子さん

「神奈川なでしこブランド」に認定された(有)ティーケイトインターナショナルの代表取締役を務める

金井 加代子さん

2月9日号

矢島 敏さん

「第3回S―1沖縄しまくとぅば漫談大会」で3位に入賞した

矢島 敏さん

2月2日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月26日号

安部 竜一さん

雄三通りスマイルプロジェクト(YSP)のアートプロジェクトで街中に絵を描く

安部 竜一さん

1月19日号

岡 耕介さん

茅ヶ崎市美術館で2月4日(日)まで展覧会「TUMBLING DICE」を開催している

岡 耕介さん

1月12日号

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

松籟庵で雛人形展示

松籟庵で雛人形展示

3月4日まで

2月10日~3月4日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク