茅ヶ崎版 掲載号:2013年5月31日号
  • googleplus
  • LINE

青苗で耕地活気付く 赤羽根で田植え

社会

 茅ヶ崎市内で本格的に田植えのシーズンとなった=写真。市内では早めに田植えを行う赤羽根地区が5月半ばからで、西久保地区などは6月に入ってから行われるのが平均的だという。

 市内赤羽根に田んぼを所有する農家小澤千壽子(ちずこ)さん(82)は、機械で苗を植え付けた後、細かく機械では整えられない部分などは1つ1つ丁寧に人の手で田植えを行っている。この日は、息子のお嫁さんの八千代(56)さんと一緒に苗を整える田植えを行っていた。

 市内にある田んぼの総面積は、市農業水産課によると49ha(ヘクタール)で、昨年度(51ha)より減少傾向にある。JAさがみ茅ケ崎営農センターの担当者は「今年の苗は順調なので、植えてみてからの天候などに恵まれてほしい」と話した。
 

ラスカ茅ヶ崎桜スイーツ福袋販売

春のおすすめ14種類の桜スイーツが大集合!

http://www.lusca.co.jp/chigasaki/

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大島泰毅&家族展

市民ギャラリー

大島泰毅&家族展

4月4日~4月8日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク