茅ヶ崎版 掲載号:2015年1月30日号
  • googleplus
  • LINE

平塚市美術館で4月5日(日)まで立体造形の展覧会を開いている 小田 薫さん 中海岸在住 35歳

「記憶を呼び起こす造形を」

 ○…「作品を観てもらうことで、鑑賞者自身の記憶を呼び起こしてもらえたら」。金属を打ち延べて形成する「鍛金(たんきん)」という技法を用いた、建物を模した立体造形を展示。寒川町の資材置き場一角のアトリエを拠点とし「常に熱と重さとの勝負。手の皮も随分厚くなった」という作業は4000℃の炎で鉄を溶かし叩き、切り、繋ぎ合わせるもの。火の粉で上着が溶けることもしばしばで、200kgの作品を仕上げたことも。それでも「この道しかない」。その一言に尽きるようだ。

 〇…25歳までを千葉県柏市で過ごす。「わがままで、妹や友人とケンカすることも多かった」という幼少期。他人と折り合いがつかない時には一人黙々と雑貨や洋服作り、料理に取り組んだ。高校時代に素質を見出され、美大進学予備校に通う中「この道しか自分にはない。何が何でもやってみせる」と決意し3浪の末、東京藝大に入学。木工や染織、漆を学ぼうとしていた矢先、予期せず運命の出会いが待っていた。人数合わせで受講した「鍛金」の授業。鍛冶場の様な雰囲気、熱して真っ赤になった鉄の棒材に一瞬にして心を奪われた。「血がたぎるような感覚に襲われて。一目惚れでした」

 〇…大学4年時に祖母と愛犬の死、そして長年暮らした地を離れ、家族と共に茅ヶ崎への転居を経験。喪失感と不安が蔓延する日々の中で「人の生死や自分の根本と向き合い、ありのままを表現していこう」と乗り越えた。自身の作品作りの根拠を突き詰めようと、同大学院の修士課程、さらには博士課程にも進み研究と創作に没頭した。

 〇…現在は創作活動を続けながら、週4日東京の工芸高校定時制で講師を務める日々。「休みという休みはない。常に作ることで頭の中がいっぱい」というが、自分で作った料理と共にお酒を嗜むのが唯一のリラックス方法。「今後も観る人の記憶が住めるような、造形を作り続けるのが目標」。真っ直ぐな瞳で話した。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6件

岩本 奈恵さん

「第28回ゆきのまち幻想文学賞」で準大賞を受賞した

岩本 奈恵さん

4月13日号

齊藤 和信さん

省エネ大賞を受賞したトピー工業(株)神奈川製造所の

齊藤 和信さん

4月6日号

吉田 長生(ながお)さん

今春公開の映画「サムライせんせい」の劇中音楽を担当する尺八奏者

吉田 長生(ながお)さん

3月30日号

成田 有輝さん

「第6回茅ヶ崎さくら祭り」の実行委員長を務める

成田 有輝さん

3月23日号

秦野 拓也さん

3周年を迎えた「NPO法人まちづくりスポット茅ヶ崎」の事務局長を務める

秦野 拓也さん

3月16日号

日向 正篤さん

3月3日、4日に気仙沼を訪問した「NPO法人ちがけせんプロジェクト」の代表を務める

日向 正篤さん

3月9日号

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク