茅ヶ崎版 掲載号:2016年4月22日号 エリアトップへ

株式会社ミヤザワ 赤ちゃん守る商品開発 県のクラウド事業を活用

経済

掲載号:2016年4月22日号

  • LINE
  • hatena
商品化された「まもるくん」
商品化された「まもるくん」

 市内に工場を持ち、段ボール用品の製造などで知られる(株)ミヤザワ(本社=藤沢市、宮澤泰隆代表取締役)が、このほど段ボールを利用したベビー用防災・緊急時対策の商品「万がいちボックス『まもるくん』」を開発した。

 まもるくんは幅33センチ、奥行28センチ、高さ10・5センチで、中にはおしりふきや粉ミルクのほか、ほ乳ボトルとそれを温めるカイロなどが入っている。また利用者がオムツや衣類などを収納できるスペースも設けている。さらに素材の段ボールを活かし、ボックスの表面には「災害時や赤ちゃんの急病時に落ち着いて行動できるように」と緊急連絡先や避難場所、病院などを記入できるようになっており、裏面には使い方や持ち出しリストのチェック欄もデザインされている。

インターネットでアイデアを募集

 これは昨年神奈川県が初めて取り組んだ「クラウドソーシング活用型新商品開発事業」の支援を受け、開発した商品。インターネット上で一般消費者からアイデアを募り商品化に繋げることで、中小企業の商品開発や販売促進を支援しようと数社を対象に進められていた。

 同社では段ボールの多様化を図ろうと、フィンランド政府が妊婦に贈るという「マタニティボックス(乳児用にシーツや玩具が入った段ボールの箱)」を参考に以前から商品の開発を行っていた。しかし、ベッドとしても使用されるこの用途に「日本の人たちには抵抗がある」と判断し開発を止めていた。そんな中、県のクラウド事業のことを知り応募。支援企業に選ばれ、再び開発に着手した。

 4月上旬からインターネットのみで販売を開始(税込3780円・送料800円)し、ネット環境のない人には電話でも対応する。

 開発担当者の熊谷さんは「ご自身が必要だと思うものと合わせて備えて頂くことで防災意識を高めてもらい、まもるくんが万が一の時、落ち着いた行動の助けになれば」と話している。

 購入や詳細などの問い合わせは同社HP【URL】http://www.ms-group.net/、または【電話】0466・37・3030(担当熊谷さん)へ。

平和防災株式会社

あなたの建物は安全ですか?消防用設備保守点検・火災報知設備工事等お任せ下さい

http://www.heiwabousai.com/

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

中尾 誠利さん

毎週南相馬へ通う医師

中尾 誠利さん 社会

3月5日号

ちがけせん

茅ヶ崎と気仙沼をサッカーでつなぐ

ちがけせん 社会

3月5日号

産後体操と育児相談

オンライン講座

産後体操と育児相談 社会

3月5日号

清水谷観察会

清水谷観察会 文化

7日 市民の森集合

3月5日号

司法書士の無料相談会

3月6日・20日 藤沢駅近くで開催

司法書士の無料相談会 社会

3月5日号

ドライフラワー吉田敦子作品展

小清水仏壇店

お彼岸ご奉仕会開催中!

http://www.chigasaki-saijyou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク