茅ヶ崎版 掲載号:2016年4月29日号 エリアトップへ

熱血カメラマン高橋昭和さん 半世紀の熱意 一冊に 写真集「茅ヶ崎物語」を刊行

社会

掲載号:2016年4月29日号

  • LINE
  • hatena
でき上がった新刊を手にする高橋さん
でき上がった新刊を手にする高橋さん

 生まれ育った茅ヶ崎の写真を撮り続けて半世紀。「熱血カメラマン」の愛称で知られる高橋昭和さん(76歳・円蔵在住)が、このほど自身初の写真集「茅ヶ崎物語」(講談社エディトリアル刊)を発行した。

 「茅ヶ崎物語」はA5判カラー刷りで167頁。市内で撮影した自然、街、人、動物、祭りなどの写真210点を高橋さんの解説付きで掲載している。全国の書店とアマゾンなどのネット販売で2300円(税別)。

茅ヶ崎一筋

 高校生の頃から写真を撮り始めた高橋さんは、茅ヶ崎市役所を定年退職後の2001年にホームページ「茅ヶ崎熱血情報」を立ち上げ、日々撮影した市内の風景写真を一日も欠かさず掲載し続けた。国内外から反響があり、連続撮影日数が4000日を超えた12年には市から特別表彰も受けた。「茅ヶ崎には、毎日撮っても撮りつくせない魅力がある」

 毎朝3時頃に家を出て、自転車で柳島から浜須賀まで浜辺を移動しながら風景をチェックするのが日課。「これは」という光景に出会うとレンズを向けて、じっと思い通りの絵が現れるのを待つ。「夜中に蝉の羽化を撮るために木に登り、朝まで居続けたこともある。5、6時間なんてあっという間」と笑い飛ばす。「その一瞬」を逃さないため、レンズの異なる3台のカメラを持ち歩き、1日に800枚を撮影。夢中なため、これまでカメラの重さを感じたことはなかったという。

本作りに全力

 茅ヶ崎にこだわり写真を撮り続ける高橋さんに、出版社側が写真集を出さないかと提案してきたのが2015年の春。話を受けた高橋さんは、8月から掲載する写真選びと写真に添える文章づくりに着手した。

 ホームページ公開以降に撮りためた30万枚もの写真の中からとっておきを選別する作業。撮影にも出かけず、来る日もパソコンに向かい1枚ずつ確認する作業に没頭した。半年が経ち、出版社との打ち合わせを終えた頃にはほとんど足腰が立たなくなっていた。「ほぼ寝たきり。カメラを重いと思ったのも初めてだった」

 念願の写真集が届き、体調も少しずつ戻ってきた。「見た人にあっと言わせたいと作った一冊。住んでいても知らないような茅ヶ崎の美しさ、素晴らしさを知ってほしい。まず体力を取り戻して撮影とホームページの更新に戻りたい」――。多くのファンが「熱血」の復活を待ち望んでいる。

平和防災株式会社

あなたの建物は安全ですか?消防用設備保守点検・火災報知設備工事等お任せ下さい

http://www.heiwabousai.com/

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

近所で支える「ボラセン」

近所で支える「ボラセン」 社会

そうじ、子育てサポートなど

3月5日号

飛砂除去し10余年

茅ヶ崎海岸

飛砂除去し10余年 社会

東海岸北の平川秋男さん

3月5日号

苦境も市民ケアに重点

苦境も市民ケアに重点 政治

茅ヶ崎市の来年度予算案

2月26日号

接種は個別・集団・巡回

新型コロナワクチン

接種は個別・集団・巡回 社会

1日からコールセンター開設

2月26日号

「コロナ長期化」で苦境

「コロナ長期化」で苦境 経済

イチゴ農園、アパレルなど

2月19日号

活況「おうちでカルチャー」

活況「おうちでカルチャー」 文化

オンライン映画祭・美術展

2月19日号

小清水仏壇店

お彼岸ご奉仕会開催中!

http://www.chigasaki-saijyou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク