茅ヶ崎版 掲載号:2016年6月10日号 エリアトップへ

小笠原君松田さん 全日本選手権で優勝 サーフィン級別で

スポーツ

掲載号:2016年6月10日号

  • LINE
  • hatena
小笠原君(右)と松田さん(左)
小笠原君(右)と松田さん(左)

 5月20日から22日まで静岡県磐田市の豊浜海岸で行われた「NSA(日本サーフィン連盟)第34回全日本級別サーフィン選手権大会」で、NSA湘南茅ヶ崎支部所属の小笠原由織(ゆうり)君(16)=東海岸北在住=と、松田詩野さん(13)=東海岸南在住=が優勝を果たした。

 アレセイア湘南高校1年の小笠原君は男子ショートボード1stクラスで優勝。「大きい大会の一つで勝てて嬉しい。セミファイナルでは波が小さかったが、プレッシャーに打ち克ち、強豪選手ともしっかり戦うことができた」と振り返る。

 一方、第一中学校2年の松田さんは女子ショートボードクラスで優勝。「勝ちたい気持ちがとにかく強かったので、波が弱かったセミファイナルでも自分が持つパフォーマンスをしっかり出せた」と笑顔を見せた。

 ともに父親の影響を受けて小学校低学年の頃からサーフィンを始めたふたり。「最初は遊びでやってみたら楽しくてはまった」(小笠原君)、「自然が相手なので波を読みながらライディングするのが面白い」(松田さん)と、その魅力にのめり込んでいった。

世界で戦う選手に 「4年後の東京」も見据え

 現在、小笠原君と松田さんは「波があれば毎日でも」と話すように、朝学校へ行く前や放課後に茅ヶ崎海岸裏パークで波に乗っている。また世界レベルを目指そうとハヤシスポーツクラブ(若松町)に週数回通い、ウエイトや体幹を鍛えるトレーニングも行っている。

 目下の目標はふたりとも「NSAのポイントランキングで1位になり、世界の舞台に立つこと」。その先に見据えるのは「世界で戦えるサーファーになる」(小笠原君)、「世界大会に出て優勝したい」(松田さん)という夢だ。

 また、4年後の東京オリンピックにサーフィンが正式種目になる可能性が高まる中、松田さんは「オリンピック種目になることはとても嬉しい。正式に決まったら、絶対に出場したい。そのためにも今から練習やトレーニングはもちろん、食事やメンタルに関しても勉強して取り組み、その日のための準備をしていきたい」と意気込んでいる。

 小笠原君も「正式種目になる可能性が高まったことは、サーフィンの魅力を多くの方に知ってもらうチャンス」と話し「正式種目になったら出場することを現在の目標としているので、松田選手と同じくサーフィンのパフォーマンス向上に必要な様々なことを吸収し、オリンピックの舞台に立ちたい」と決意を語った。

波に乗る小笠原君(上)、松田さん(下)
波に乗る小笠原君(上)、松田さん(下)

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

一中生が男女で優勝

全国中学柔道大会

一中生が男女で優勝 スポーツ

ともに最重量級制す

9月17日号

「茅ヶ崎の製糸場」に迫る

「茅ヶ崎の製糸場」に迫る 文化

「丸博友の会」5周年企画

9月17日号

最年少でW杯代表入り

フットサル

最年少でW杯代表入り スポーツ

堤在住・毛利元亮選手

9月10日号

市民参加で郷土史研究

「ゆかりラボ」10月スタート

市民参加で郷土史研究 文化

9月10日号

10月末接種完了目指す

新型コロナワクチン

10月末接種完了目指す 社会

対象年齢を「12歳以上」に

9月3日号

午前中で授業切り上げ

市立小中学校

午前中で授業切り上げ 教育

部活動も原則休止

9月3日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook