茅ヶ崎版 掲載号:2016年6月10日号 エリアトップへ

視覚障害者に楽しみを 音声訳ボランティア

社会

掲載号:2016年6月10日号

  • LINE
  • hatena
録音の内容をチェック
録音の内容をチェック

 本や新聞、雑誌などを読むことができない視覚障害者のために、その情報を録音して届ける活動を行っている「音声訳ボランティア」。茅ヶ崎市では茅ヶ崎録音奉仕会(毛利紀子会長)が39年間、その役を担っている。

 音声化の対象となるのは、月2回発行されている「広報ちがさき」をはじめ、市議会だよりや新聞記事、利用者から希望があった本や雑誌など。選挙の際には選挙公報も録音する。

 活動は月3〜4回。初日に記事の選定や担当者分け、原稿作りと下読みを行う。担当者が自宅で録音し、2回の内容チェックを経てマスターテープが完成。CDやテープにダビングして視覚障害者の自宅に発送する。毛利会長は「テープの容量があるので内容は簡潔に、また図や写真も言葉で解説しています」と原稿作りのポイントを語る。

基礎講座で新会員を募集

 現在の会員は約60人。主婦や会社勤めの女性、定年を迎えた男性などが活躍している。7年目の川隅多美江さん(副会長・萩園在住)は「自宅での録音は飛行機やセミに悩まされることもありますが、目の不自由な方々のお役に立てればとみんな頑張っています」とやりがいを話す。

 茅ヶ崎市社会福祉協議会とボランティア連絡会共催の「ボランティア大学」受講後に、茅ヶ崎録音奉仕会の音声訳ボランティア講座に参加できる。7月12日・19日・26日・8月2日の全4回、農協ビル4階のボランティアルームで午後1時30分から3時30分まで。

 受講希望者は毛利会長【電話】0467・85・6310または【メール】noriko-mo@jcom.home.ne.jpへ。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

ボランティアの魅力発信

ボランティアの魅力発信 社会

動画で担い手増ねらう

9月17日号

コンバインドBで全国へ

陸上

コンバインドBで全国へ スポーツ

松浪小6年 立石亮馬君

9月17日号

インボイス制度学習会

インボイス制度学習会 社会

9月23日(木) 茅ヶ崎民主商工会

9月17日号

ローカルファーストの実践へ

まちづくりシンポジウム

ローカルファーストの実践へ 社会

9月17日号

 小出川沿いに早めの彼岸花

 小出川沿いに早めの彼岸花 文化

「20日前後から見頃」

9月17日号

『ヴェニスの商人』を無料配信

2021音貞オッペケ祭

『ヴェニスの商人』を無料配信 文化

ユーチューブで30日まで

9月17日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook