茅ヶ崎版 掲載号:2016年7月22日号 エリアトップへ

6月17日に設立したNPO法人「3F Community Service」の理事長を務める 内田 洋茂さん 東海岸南在住 36歳

掲載号:2016年7月22日号

  • LINE
  • hatena

個性生かし、人と地域繋ぐ

 ○…昨年から友人と行っていた活動団体を広げ、NPO法人化した。「クリエイターたちのNPOは珍しいと思ったが、もっと地元と向き合いたいと思って」。『アート体験で、キヅク、を知ろう』をテーマに掲げ、茅ヶ崎市と民間の協働事業「落書き防止のための壁アートペイント事業」への協力や、地元アーティスト同士の交流会を開いている。

 ○…千代田区に生まれ、6歳の頃家族で茅ヶ崎に転居。3歳の時に突発性難聴で両耳の聴力を失い、東海岸小で過ごした少年時代を「補聴器をつけて話せたが、コミュニケーションをとるのは大変だった」と振り返るが「不思議と友だちが多くて毎日色んな人と遊んだ」。中学・高校は和光学園(東京都)へ進学し「クラスに必ず2人は障害者がいる環境。個性を尊重する校風で楽しかった」。

 ○…それでも幼い頃から感じ続けていたのは「初対面で自分の両耳の補聴器が目に入ると、一歩引かれてしまう」という、人との見えない距離感。そこで個性的な服装やヘアスタイルに身を包むことで「障害より先にファッションが目に止まれば、もっと心を近くにして関われる」と壁を打ち破った。その後はスタイリストを目指し横浜ファッションデザイン専門学校に進むも、在学中テレビで見たブレイクダンスに衝撃を受けその道へ。NYへ何度も渡り人種や文化の混ざり合った世界に刺激を受けた。

 ○…現在は妻と暮らし、企業CMや広告のキャスティング、プロデュースを行う合同会社「digress―lab」のCEOを務める。子どもの頃から仲間が多かった―自身の得意分野を生かし「地道にSNSなどで友人を介して各CMにマッチングする人を探している」。今後は「空き家問題などにもアート体験を含めた視点で取り組みたい」と意気込む。トレードマークの「ちょんまげヘア」と「個性的な髭」で誰とも心地良い距離感で付き合い、茅ヶ崎に新しい風を吹き込む。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

福嶋 大児さん

4月から茅ヶ崎郵便局の局長に就任した

福嶋 大児さん

小和田在住 56歳

5月27日号

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

茅ヶ崎市民文化会館で第21回玉泉水墨画会展を開く

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

寒川町在住 74歳

5月20日号

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月13日号

宮坂 義明さん

茅ヶ崎商工会議所青年部(YEG)の今年度会長に就任した

宮坂 義明さん

藤沢市在住 43歳

5月6日号

岡田 嘉則さん

藤沢市にある高齢者施設で、作品展「三人展 春光」を開催している

岡田 嘉則さん

元町在住 68歳

4月29日号

バンティング香さん

23日から始まるギャラリー街路樹の展示に参加する陶芸作家

バンティング香さん

矢畑在住 49歳

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リュウアンベさん個展

リュウアンベさん個展

5月21日から8ホテルで

5月21日~5月29日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook