茅ヶ崎版 掲載号:2016年8月19日号 エリアトップへ

松林地区 地域で子どもを見守り 居場所事業始まる

教育

掲載号:2016年8月19日号

  • LINE
  • hatena
熱心に指導する支援者たち
熱心に指導する支援者たち

 地域の力で子どもたちを守ろう―。松林地区まちぢから協議会子ども部会と松林公民館、松林中学校が連携して子どもたちの学習支援などを行う「ふくろう塾」がこのほど始まった。

 きっかけは夜遅くまで公民館周辺に集まる子どもたちの姿を見かけた地域住民が「何かできないか」と子どもたちの居場所づくりを模索。一方、中学校では放課後の補習で学習支援を行っていたこともあったがしばらく途絶えていた経緯もあり、学校主体でなく地域の力を活用できないかと地域に相談。「それなら」と協議会が塾の立ち上げ準備を始めた。講師には中学校の元校長や民生委員、チャイルドラインの電話相談員経験者など地域に暮らす多彩な顔ぶれの支援者が集まった。

 ふくろう塾では、参加はもちろん勉強も強制しない。各自がやりたい教材を持ち込み、分からないところを教えてもらいながら勉強をすすめる。同部会の早川仁美さんは「参加することで子どもたちは地域の大人と顔がつながり、大人は子どもたちの見守りができる。多くの大人とつながることで子どもたちの世界観が広がればうれしい。本格スタートは秋からだが他の地域にも広がれば」と期待を寄せる。参加した子どもたちからは「楽しく勉強ができた」と声が上がっている。

市の助成も

 ふくろう塾の立ち上げには今年4月に施行された「茅ヶ崎市地域コミュニティの認定等に関する条例」の力が大きい。これにより各地域に協議の場として設置された「まちぢから協議会」が、市の認定を受けると活動資金の助成を受けられるようになったからだ。塾を開く松林地区の同協議会は7月に地域コミュニティに認定。8月の事業審査会で同塾の事業が認定された。条例施行後初の事業提案が行われた今回、2地区の事業が認定され、子どもの居場所づくり事業は松林地区が市内初となった。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

ビーチクリーン100回達成

ビーチクリーン100回達成 社会

「HONKI University」の梅原さんら

1月21日号

金メダリストが茅ヶ崎に

金メダリストが茅ヶ崎に スポーツ

ソフトボール清原選手

1月21日号

「勝ち点55、5位目指す」

湘南ベルマーレ

「勝ち点55、5位目指す」 スポーツ

2022年新体制を発表

1月21日号

小中学生が「平和へのねがい」

小中学生が「平和へのねがい」 文化

2月2日から市役所と図書館で

1月21日号

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月21日号

えぼし座が出演者募集

えぼし座が出演者募集 文化

最新情報・エントリーはHPから

1月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

茅ヶ崎人の芸能を紐解く

ゆかりの人物館

茅ヶ崎人の芸能を紐解く

開高健記念館でも企画展

10月29日~3月27日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook