茅ヶ崎版 掲載号:2016年8月26日号 エリアトップへ

萩園在住長谷山さん 世界4位に貢献 デフバレーで 市特別表彰も

スポーツ

掲載号:2016年8月26日号

  • LINE
  • hatena
記念の盾を手に笑顔を浮かべる長谷山さん、服部市長(左から)
記念の盾を手に笑顔を浮かべる長谷山さん、服部市長(左から)

 第3回デフバレー世界選手権(ICSD・国際ろうスポーツ委員会主催)が7月にアメリカ・ワシントンで開かれ、日本代表として出場した萩園在住の長谷山優美さん(16)=人物風土記で紹介=が4位入賞に貢献した。

 デフバレーボールとは聴覚障碍者がプレーするバレーボールで、競技ルール、用具、コートサイズは五輪と同様。世界選手権大会で4位以内が4年に1度開かれる「デフリンピック」の出場権を得られる。

 今大会では8カ国が出場し、日本はアメリカ、ウクライナ、ロシアに次いで4位。長谷山さんはセンター・ミドルブロッカーを務め、ブロックやクイックでチームの勝利に貢献した。

障碍乗り越えて

 茅ヶ崎市は長谷山さんの功績を称え、文化、スポーツなどの分野で顕著な功績を残した人や団体を表彰する市特別表彰を授与した。

 8月15日には市役所で表彰式が行われ、服部信明市長から記念の盾と賞状が贈られた。長谷山さんは「世界大会を経て、チームの団結力をさらに高めることができ、また身振り手振りで外国の選手とコミュニケーションがとれるなど、良い経験になった」と振り返り、服部市長は「今回の表彰でデフバレーを知ることができた。長谷山さんの活躍を見た市民の方が思いを共有し、誰でもスポーツに参加できるよう取り組みたい」とコメントした。

 また長谷山さんは「耳が聴こえなくても努力すれば結果につながることを伝えたい。来年のデフリンピックに向けてもっとジャンプ力をつけ、背の高い選手のスパイクを止められるように練習したい」と今後に向けて意気込んでいる。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

「松籟庵」が開館30周年

「松籟庵」が開館30周年 文化

茶道文化伝える拠点に

1月14日号

救急は905件増

2021年出動状況

救急は905件増 社会

火災は2件減 死者はゼロ

1月14日号

「地域創造大賞」を受賞

茅ヶ崎市美術館

「地域創造大賞」を受賞 文化

ユニークな企画が評価

1月7日号

官民連携しまちづくり

浜見平地区

官民連携しまちづくり 経済

4者協定を締結

1月7日号

「コロナ禍から回復の年に」

「コロナ禍から回復の年に」 政治

佐藤市長新春インタビュー

1月1日号

2022年茅ヶ崎の話題は

2022年茅ヶ崎の話題は 社会

生活に影響する事業も

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook