茅ヶ崎版 掲載号:2016年8月26日号 エリアトップへ

東海岸南在住森友二さん 全米3位入賞の快挙 サーフィンで東京五輪見据え

スポーツ

掲載号:2016年8月26日号

  • LINE
  • hatena
サーフボードを手にする森さん
サーフボードを手にする森さん

 森友二さん(16)=茅ヶ崎市東海岸南在住=が、7月31日までアメリカのカリフォルニア州で開催された全米最大級のサーフィンコンテストに出場し、3位入賞を果たした。また、9月17日(土)からはポルトガルで行われる世界大会へ、日本代表の一人として出場する。

 今回初出場を果たした「USオープン プロ・ジュニア」について、「浜辺いっぱいの観衆に驚いたが、誰よりも目立とうという気持ちで臨んだ」と振り返る森さん。順調に勝ち進みファイナリストとなったが、惜しくも優勝を逃し3位に。「乗らなくてもいい波に乗ってしまい、見極めを誤ったのが反省点。世界の壁は厚いと感じたが、良い経験になった」と話す。森さんはこの大会で、日本人として歴代3人目のファイナリストとなる快挙を果たした。

「世界で戦うサーファーに」

 森さんは東海岸小1年の頃、父の影響を受けてサーフィンを始めた。一中を経て今春からは「世界で戦えるサーファーになりたい」と、通信制の日出高等学校=東京都目黒区=に進学した。トレーニング時間が確保できるようになっただけでなく、様々なスポーツで世界を目指す同校の同級生たちの存在に「日々刺激を受けている」という。

 森さんは現在、千葉に住む専門のコーチのもとでの練習や、海外の試合に出て経験を積んでいることが多い。それでも「地元・茅ヶ崎は友人と会い、リラックスするために帰ってくる大切な場所」と話す。

 次の舞台は日本代表として、9月17日からポルトガルで開催される「ワールドジュニアサーフィンチャンピオン2016」。16歳以下が出場する同大会で「自分は16歳なので出場する中で年齢が一番上。もちろん優勝を目指す」ときっぱりと口にした。

 森さんの今後の目標は「世界最高峰のツアーに入って活躍すること」。そして、その先に見据えているのは2020年の東京五輪。サーフィンが正式種目となったことを受け「20歳で迎える4年後が自分自身のピークになると思う。金メダルを獲得したい」と意気込む。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

「松籟庵」が開館30周年

「松籟庵」が開館30周年 文化

茶道文化伝える拠点に

1月14日号

救急は905件増

2021年出動状況

救急は905件増 社会

火災は2件減 死者はゼロ

1月14日号

「地域創造大賞」を受賞

茅ヶ崎市美術館

「地域創造大賞」を受賞 文化

ユニークな企画が評価

1月7日号

官民連携しまちづくり

浜見平地区

官民連携しまちづくり 経済

4者協定を締結

1月7日号

「コロナ禍から回復の年に」

「コロナ禍から回復の年に」 政治

佐藤市長新春インタビュー

1月1日号

2022年茅ヶ崎の話題は

2022年茅ヶ崎の話題は 社会

生活に影響する事業も

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook