茅ヶ崎版 掲載号:2016年11月25日号 エリアトップへ

12月2日に茅ヶ崎市民文化会館でチャリティーコンサートを行う 栃内 まゆみさん 藤沢市在住 61歳

掲載号:2016年11月25日号

  • LINE
  • hatena

心のまま、ナチュラルに

 ○…「コンサート栃『栃内まゆみの作品を歌う』」を12月2日(金)に控え、連日リハーサルに取り組んでいる。「出会いがあって曲ができる。それがとても幸せ。感謝の日々です」と、優しい笑顔を見せる。

 ○…コンサートでも演奏するピアノを始めたのは5歳の時。作曲家の祖父の影響だった。大学を卒業してすぐの24歳で結婚し、3人の子どもを授かる。演劇に携わるようになったのは、生活クラブ生協が20周年記念で企画・主催した宮沢賢治の舞台に、アコーディオンとコロスで参加したことがきっかけ。以降、賢治の作品に強い感銘を受け、1992年に湘南地区で活動していた子育て世代の仲間10人ほどと『劇団湘南山猫』を立ち上げた。「賢治や童話など、伝えたい物語がたくさんあって旗揚げしました。親子で気軽に観に行ける舞台を作りたくて、非営利でやっています」と熱い思いを語った。

 ○…子育て中に作曲も習い、今までに手掛けたのは、演劇の劇中歌だけでも100曲以上。「こういう曲にしようという、作意というのがあまり好きではなくて。心の中で感動したものを、そのまま曲に表現したいと、いつも思っています」。そうして生まれたのが、相模川浄化イベントのテーマソングに選ばれ自身の代表曲になった『川にそって歩く唄』だ。辛かった時期に、夫と歩いた奥入瀬渓谷をふと思い出し、その情景を曲に起こした。この曲は、福島県の子どもたちへの復興支援として、CDの売上を全額寄付している。「震災の映像を見て『自然が壊れちゃう』と胸を痛めました。風土が失われるのが辛かった」と、悲しげに話す。

 ○…今後も、劇団の公演の他、各地で行われるコンサートなど精力的に活動していく。今回の公演へ向けては「合唱から劇中歌まで、バラエティーに富んだ内容です。ぜひ聴きにいらしてください」。ありのままの自然体で、これからも創作活動を続けていく。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

田島 透さん

県内65クラブの国際ロータリー第2780地区ガバナーに就任した

田島 透さん

藤沢市在住 66歳

7月23日号

平沼 香菜子さん

藤沢・茅ヶ崎・鎌倉・寒川の3市1町の社労士が所属する県社会保険労務士会藤沢支部長に就任した

平沼 香菜子さん

藤沢市在住 48歳

7月16日号

石崎 愛惟さん

ピアニストとして今年4月から茅ヶ崎を中心に活動する

石崎 愛惟さん

市内在勤 29歳

7月9日号

小川 紋永(あやなが)さん

清掃活動団体「湘南美化クラブ」代表

小川 紋永(あやなが)さん

円蔵在住 23歳

7月2日号

平沼 香菜子さん

藤沢・茅ヶ崎・鎌倉・寒川の3市1町の社労士が所属する県社会保険労務士会藤沢支部長に就任した

平沼 香菜子さん

藤沢市在住 48歳

6月18日号

山本 康士さん

茅ヶ崎映画祭で監督を務めた作品が上映される

山本 康士さん

菱沼海岸在住 34歳

6月11日号

えぼしいわ夫とひんやりサマー

ひんやりギャグ大募集&チケットCP

https://www.lusca.co.jp/chigasaki/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter