茅ヶ崎版 掲載号:2016年12月2日号 エリアトップへ

「落書き防止事業」着々と デザイン案に児童が投票

社会

掲載号:2016年12月2日号

  • LINE
  • hatena
本物の投票箱を使って順位を決定した
本物の投票箱を使って順位を決定した

 西久保橋地下道や中央インター地下道の壁の落書きをアートペイントで防止するためのワークショップが11月21日、浜之郷小学校(野上美津子校長)で開催された。

 これはNPO法人湘南スタイル(藁品孝久理事長)と茅ヶ崎市の協働事業。茅ヶ崎市在住のクリエーターを中心に構成されるNPO法人「3F Community Service」(内田洋茂理事長)が協力している。

 西久保地区に伝わる民話「河童徳利」をモチーフに、同小の児童らからアイデアを募るワークショップを今年7月に初開催。3回目の開催となったこの日は、これまでに意見が上がったアートペイント3案をどのように採用するかを決める投票が行われた。

 実際の選挙で使用する投票箱を選挙管理委員会から借り、同小4年生一人ひとりが最も良いと感じた案に投票。すぐに開票も行われ、順位が決定した。

 今後は決定した順位に従い、どこにどのデザインを施すかを協議し、自治会や「(仮称)河童徳利ひろば準備委員会」の承認を得たのち地元に発表。2017年2月頃から同小の4年生も参加してペイントに着手する。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

褐炭由来の水素でドローンデモ飛行

新たに80人の感染を確認

新型コロナ

新たに80人の感染を確認 社会

9月24日号

アヒルの「ぼんちゃん」地域のアイドル

アヒルの「ぼんちゃん」地域のアイドル 社会

高田在住のコールダック

9月24日号

就農10年「安定経営できてる」

就農10年「安定経営できてる」 経済

市内初の新規営農者 石川正人さん

9月24日号

深まる秋に花の便り

「コンテンツ大賞」に参戦

「#ちがすき」

「コンテンツ大賞」に参戦 社会

読者投票9月25日から

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook