茅ヶ崎版 掲載号:2017年1月20日号 エリアトップへ

空き家の活用を推進 制度と相談窓口がスタート

社会

掲載号:2017年1月20日号

  • LINE
  • hatena

 将来的な人口減少と高齢化に伴う「空き家」の増加を見据え、茅ヶ崎市では1月25日(水)から空き家の所有者と活用希望者をつなぐ「空き家活用等マッチング制度」を創設する。また本庁舎3階の都市政策課に「住まいの相談窓口」を設け、空き家を含む住まいに関する相談を受け付ける。

 茅ヶ崎市内の空き家数は2013年時点で1万2820戸、空き家率12・1%。年々増加傾向にあり、空き家数は10年前に比べて約1・6倍になっている。茅ヶ崎市では市の基本的な指針となる「茅ヶ崎市空家等対策計画」を2016年度中に策定するため、昨年から空家等対策推進協議会の設置や空き家の実態調査、パブリックコメントなど準備を進めてきた。

 マッチング制度は、登録された空き家の所有者と空き家を活用して地域活性化や課題解決を図りたい希望者の間を市が仲介し、お互いの情報提供や協議の場のセッティングなどを行うもの。登録できるのは市場に流通していない空き家や借り手のつかない空き家のみで、活用希望者も非営利団体に限定し個人の登録は認めない。「『空き家に住みたい』などの要望は市場に任せ、市ではそこからこぼれ落ちている部分をすくい上げて、空き家の活用や流通促進、地域活性化につなげていきたい」と都市政策課。

 住まいの相談窓口は、空き家に限らず新築やリフォームなど住まいに関する市民の総合的な相談窓口となり、相談内容に応じて市の担当課や協定を結んだ関係機関につなぐ役割を果たす。市では相談先として建設業協会や司法書士会など県内9団体と協定を締結。「どこに問い合わせたらいいか分からない人が気軽に相談できる場になれれば」と同課。窓口は、平日の午前8時30分から午後5時まで開設。電話、ファックス、メールでの相談も受け付ける。問い合わせは同課【電話】0467・82・1111へ。

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

大型店中心に利用増加中

プレミアム付商品券

大型店中心に利用増加中 経済

食料品、衣服などで消費

11月15日号

柳島でラグビー公式戦

柳島でラグビー公式戦 スポーツ

市内出身2選手も凱旋

11月15日号

エースになって「都大路」へ

エースになって「都大路」へ スポーツ

小谷さん(白鵬女)が県駅伝V

11月8日号

女性消防隊 初の全国へ

ファイヤーレディース

女性消防隊 初の全国へ 社会

チーム一丸で入賞目指す

11月8日号

保護者9割が実施期待

中学校給食アンケート

保護者9割が実施期待 教育

小・中学生は意見割れる

11月1日号

地図片手に「本」めぐり

「秋日の読書散歩」

地図片手に「本」めぐり 文化

展示、古本市など9日まで

11月1日号

ラグビー女子全国大会へ

ラグビー女子全国大会へ スポーツ

牛嶋菜々子さんが市長表敬

10月25日号

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絶筆『珠玉』の足取りを辿る

絶筆『珠玉』の足取りを辿る

開高健 没後30年企画展

10月12日~3月29日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク