茅ヶ崎版 掲載号:2017年2月10日号 エリアトップへ

茅ヶ崎銀座商興会 防犯カメラ自前で設置 独自基準設け個人情報保護

社会

掲載号:2017年2月10日号

  • LINE
  • hatena
運用前に撮影角度の調整が行われた
運用前に撮影角度の調整が行われた

 JR茅ケ崎駅北口すぐ、石畳の通り「エメロード」で知られる茅ヶ崎銀座商興会(加藤信吾会長)が防犯カメラ5基を街路灯に設置。個人情報の漏えいを防ぐため、同会独自の運用基準を設け2月6日から運用を始めた。

 茅ヶ崎銀座商興会には5つの金融機関を含む約100店舗が加盟している。2年前から交通事故や消火栓の標識へのイタズラ、店舗での盗難などが相次いだことから防犯カメラ設置を要望する声が同商店会の理事会でも上がり、検討を続けてきた。

 設置にあたり課題になったのが設置費用と個人情報の管理だった。現在のところ茅ヶ崎市では防犯カメラの設置に対する補助金制度が整備されていないため、設置費用333万円は商店会の積立金などを活用。同商店会独自の資金で設置することに決めた。

 また個人情報の扱いに関しては、昨年12月に独自の基準「茅ヶ崎銀座商興会防犯カメラの設置及び運用に関する基準」を策定。基準にはカメラの24時間稼働や、録画画像の1週間保存などの設置に関するものから、同会会長と副会長のみがデータを管理することなどが盛り込まれている。

5基のカメラを設置

 カメラはエメロード沿いの「山治ビル」「山藤ビル」「茅ヶ崎ショッピングセンター」「タムラヤビル」前の街路灯のほか「小清水商会茅ヶ崎斎場」の壁面に設置された。

 今回設置したカメラは、レコーダーが一体化したフルHD対応の屋外ドームタイプ。高精細映像を2週間録画することが可能で、無線LANでカメラから画像の取り出しもできる。

 加藤会長は「犯罪や事故が無く、利用者が安心して買い物や飲食ができる商店街にしたい。犯罪抑止になれば」とカメラの効果に期待を寄せた。さらに「市に防犯カメラ設置や運用に関する基準がないため、当会は独自に基準を設けて運用する。個人情報保護のため早急に整備をお願いしたい」と語気を強めた。

市内4カ所目

 茅ヶ崎市内の商店会ですでに防犯カメラを設置しているのは、ラチエン通り商店会(3基)、東海岸商店会(5基)、茅ヶ崎元町商店会(6基)の3つ。ラチエン通りと東海岸商店街は経産省の補助金を活用し、茅ヶ崎元町商店会は独自の資金で設置している。市産業振興課は「当面、カメラ設置費用の助成はない」と話している。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

「松籟庵」が開館30周年

「松籟庵」が開館30周年 文化

茶道文化伝える拠点に

1月14日号

救急は905件増

2021年出動状況

救急は905件増 社会

火災は2件減 死者はゼロ

1月14日号

「地域創造大賞」を受賞

茅ヶ崎市美術館

「地域創造大賞」を受賞 文化

ユニークな企画が評価

1月7日号

官民連携しまちづくり

浜見平地区

官民連携しまちづくり 経済

4者協定を締結

1月7日号

「コロナ禍から回復の年に」

「コロナ禍から回復の年に」 政治

佐藤市長新春インタビュー

1月1日号

2022年茅ヶ崎の話題は

2022年茅ヶ崎の話題は 社会

生活に影響する事業も

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook