茅ヶ崎版 掲載号:2017年2月24日号 エリアトップへ

改修工事で3月から休館する茅ヶ崎市民文化会館の舞台チーフを務めている 小林 哲也さん 円蔵在住 51歳

掲載号:2017年2月24日号

  • LINE
  • hatena

舞台支える笑顔の裏方

 ○…「リニューアルに向けては寂しさ半分、楽しみ半分。より良いホールになって、また来年10月に市民の皆さんを迎えられたら」。改修工事で休館となる文化会館の舞台を支えて22年。「舞台は決して敷居が高いものじゃない。誰でも利用できる場所だと伝えたくて」と、穏やかな表情を見せる。「安全で楽しく、気持ち良く帰ってもらえる場所に」と、利用者との打ち合わせから舞台運営まで裏方として尽力してきた。

 ○…鶴嶺中時代、サザンオールスターズのライブを見ようと一人チケットを握りしめ文化会館へ。「体に電気が走るような衝撃を受けた。MCでダイクマとか地元の話もしてくれて嬉しくて」。チケットの半券は今も大切な宝物だ。「放課後、桑田さんの家を何度も訪ねた。一度だけ会えてね」と話は尽きない。その影響で茅ケ崎高ではバンドを組みギターを担当。ステージで表現する喜びに目覚めた。

 ○…大学在学中に始めた藤沢のヤマハホールでのアルバイトを通じ「舞台上で目立つよりも、裏方として人をケアすること、いかにストレスなく利用してもらうか考える方が性分に合っている」と気付き、結婚を機に文化会館の舞台スタッフに。「親方の仕事を見て学ぶ時代で大変だったけど、その経験があってスキルも上がった」。プライベートでは、大学の舞台スタッフコースで学ぶ息子と、鶴嶺中で吹奏楽部に所属する双子の娘たちの父。「息子は自分の仕事を見て、楽だと思って目指しているのかな」と言いつつも、その目はどこか嬉しそうだ。

 ○…生まれ育った矢畑の神輿を20代から今も担ぎ、市民劇団「湘南えぼし座」の舞台スタッフも務めるなど地元での活動も抜かりない。休館前日の2月28日(火)に文化会館で行う催し「千秋楽」では「大ホール探検・体験ツアー」を企画し「少しでも思い入れのある方は、ぜひ今の文化会館の見納めに足を運んでもらえたら」と笑顔を見せた。

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

岡崎 文江さん

「田舎会」で郷土料理の指導を行う

岡崎 文江さん

堤在住 79歳

10月11日号

片桐 俊彦さん

茅ケ崎警察署長に9月に就任した

片桐 俊彦さん

十間坂在住 59歳

10月4日号

松島 恵利子さん

『義足と歩む』を出版した脚本家・ライターの

松島 恵利子さん

平和町在住 55歳

9月27日号

片山 誠史さん

「茅ヶ崎ジャンボリー」の実行委員

片山 誠史さん

元町在住 43歳

9月20日号

柳 賢一さん

金時山3000回、大山1000回、富士山100回登頂した

柳 賢一さん

赤松町在住 79歳

9月13日号

臼井 恵之輔さん

市内公立小中学校に絵画を寄贈した

臼井 恵之輔さん

下寺尾在住 82歳

9月6日号

金丸 泰山さん

茅ヶ崎初の少年少女国連大使

金丸 泰山さん

東海岸南在住 15歳

8月30日号

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク