茅ヶ崎版 掲載号:2017年3月17日号 エリアトップへ

幸町在住岩本さんら 「茅ヶ崎らしさ、残したい」 冊子ひだりふじを復刊

文化

掲載号:2017年3月17日号

  • LINE
  • hatena
40年前の冊子と復刊版を手にする岩本さん
40年前の冊子と復刊版を手にする岩本さん

 岩本一夫さん(69)=茅ヶ崎市幸町在住=ら有志が、冊子「ひだりふじ」を40年ぶりに復刊。このほど第2号を発行した。岩本さんは1977年に「今の茅ヶ崎を残したい。地元の人にこそ地元の歴史を深く知ってほしい」と、タウン誌の発行を思いつき、編集、レイアウトなどほとんど全てを自身でこなし、約5年間季刊で発行。その後、時代の変化に合わせて紙面型に形を変え、名称も異なる形となり途絶えていた。

 昨年、友人から「面白いのでまた読みたい」と声を掛けられたことをきっかけに有志が集い、印刷代や取材経費などの実費捻出のため協賛を募って、昨年10月に復刊創刊号が完成。岩本さんは県議会議員時代の経験や人との繋がりを活かして情報収集や協賛集めに奔走し、第2号発行に漕ぎ着けた。「40年前の『ひだりふじ』の精神を受け継ぎ、茅ヶ崎の過去と現代を見比べながら、茅ヶ崎らしい人物や風物を見つけていこうと思いを込めて作った。読んでもらえたら」と岩本さん。冊子は協賛店で手に取ることができる。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

街なか「えぼし岩」

街なか「えぼし岩」 社会

本庁舎2階の屋上庭園

8月7日号

「より力強い活動に」

茅ヶ崎の文化景観を育む会

「より力強い活動に」 文化

NPO化後初の総会

8月7日号

夜鳴く虫を観察しよう

夜鳴く虫を観察しよう 教育

8月22日 里山公園で

8月7日号

まちスポでパン販売

まちスポでパン販売 経済

きょう7日

8月7日号

自由な発想の「書」作品

自由な発想の「書」作品 文化

茅花展 8月6日から

8月7日号

「ボクのお名前考えて」

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月7日号

お問い合わせ

外部リンク