茅ヶ崎版 掲載号:2017年3月24日号 エリアトップへ

創設者として51年務めた湘南幼児学園園長を退く 外岡 富久枝さん 常盤町在住 82歳

掲載号:2017年3月24日号

  • LINE
  • hatena

「みんないい子、愛してる」

 ○…51年前に自身が創設した幼稚園「湘南幼児学園」を退く。最後の卒園式を終え、「特に今年は泣く子どもが多かった。思い出の詰まった園舎がもうすぐ取り壊され、いろいろと悲しいのかな」としんみり。寂しさばかりでなく、「大切なお子さんたちをお預かりしてきた長年の責任を終え、正直ほっとしている」と、今は安堵も入り混じった複雑な心境だという。

 ○…6人兄妹の4人目として生まれ育つ。幼いころから歌やピアノが得意で、その才能を生かせる職業として幼稚園教諭の道を選んだ。結婚を機に茅ヶ崎に移り住んだが、飾らず明るい性格で園児や保護者から人気を集めていたこともあり、出産後も園長からの強い願いを受けて勤務していた都内の園まで通い続けた。成長した息子の入園先を茅ヶ崎で探していたが気に入った幼稚園に巡り合えず、「自分で園を開いてしまおう」と一念発起。汐見台の自宅横に「湘南幼児学園」を創った。

 ○…当初は8人の園児からスタート。目の前に広がる砂浜や松林だけでなく、自宅も保育の場として使った。「子どもはのびのびとした遊びの中で、たくさんのことを学ぶ」。この教育方針が支持され、これまでに約5千人が園を巣立っていった。「でぶっちょ先生」の愛称で園児から親しまれ、自身も園児の名前を聞けば性格や思い出が浮かぶほど、1人ひとりに深い愛情を注いできた。

 ○…「みんないい子だね、愛してるよ」。園児へ投げかけると大喜びするという、魔法の言葉だ。「好きな職業をここまでやってこられたのは、子どもの笑顔と保護者の理解、先生たちの協力があったから。本当にありがとう」。閉園の話を聞きつけた保護者が園名と教育方針を受け継ぎ、2年後に新たな園舎で園を再開させることが決まった。「時々は覗きに行こうかな」とにっこり。優しく温かい声が、これからもどこからか聞こえて来そうだ。

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

岡崎 文江さん

「田舎会」で郷土料理の指導を行う

岡崎 文江さん

堤在住 79歳

10月11日号

片桐 俊彦さん

茅ケ崎警察署長に9月に就任した

片桐 俊彦さん

十間坂在住 59歳

10月4日号

松島 恵利子さん

『義足と歩む』を出版した脚本家・ライターの

松島 恵利子さん

平和町在住 55歳

9月27日号

片山 誠史さん

「茅ヶ崎ジャンボリー」の実行委員

片山 誠史さん

元町在住 43歳

9月20日号

柳 賢一さん

金時山3000回、大山1000回、富士山100回登頂した

柳 賢一さん

赤松町在住 79歳

9月13日号

臼井 恵之輔さん

市内公立小中学校に絵画を寄贈した

臼井 恵之輔さん

下寺尾在住 82歳

9月6日号

金丸 泰山さん

茅ヶ崎初の少年少女国連大使

金丸 泰山さん

東海岸南在住 15歳

8月30日号

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク