茅ヶ崎版 掲載号:2017年5月5日号
  • googleplus
  • LINE

ふるさと納税 約1億円の赤字 控除額が寄付金上回る

経済

 茅ヶ崎市のふるさと納税が逆風にさらされている。2016年度の市外からの寄付金2178万1千円に対し、住民税の控除額は1億2271万5千円にのぼり、差し引き約1億円の赤字となった。

 ふるさと納税は、応援したい自治体に寄付をすることで住民税や所得税の控除が受けられる制度。都市部に集中する税収を地方へ分配し、地域活性化につなげる狙いで2008年にスタートした。地域のPRを兼ねて、寄付者に特産品などを返礼する自治体もあり、全国的なブームを呼んでいる。人口減少に悩む地方自治体にとっては広範囲から税収を確保できる制度とあって、近年は寄付を呼び込むために豪華な返礼品を用意するなど自治体間の競争過熱が問題視されていた。

寄付額も伸び悩む

 茅ヶ崎市では08年からふるさと納税を導入。当初は返礼品を設けていなかったが、返礼品人気の高まりを受けて15年度から受け付けを開始した。

 返礼品を導入する前の2014年度は年間の寄付件数が4件、寄付額も28万円だったが、導入後の15年度には寄付件数1600件、寄付額2574万円と急増した。市は16年度も返礼品のラインナップを増やすなど内容の充実を図ったが、寄付件数は前年度より458件少ない1142件、寄付額も395万9千円減の2178万1千円と伸び悩んだ。また市民が他の自治体に寄付したことで発生した住民税の控除額が1億2271万5千円にのぼり、差額の約1億円が他自治体へ流出したことになる。

 制度のしくみ上、都市部になるほど流出額が大きくなる傾向があり、県内でも横浜市や川崎市などが赤字に苦しむ。市財政課では「今後の動向を注視しつつ、当市の風土やライフスタイルを返礼品に乗せて発信し、より多くの方から応援や賛同の気持ちを引き出せるよう取り組みたい」と話す。
 

茅ヶ崎版のトップニュース最新6件

一般会計が過去最高

2018年度予算案

一般会計が過去最高

2月23日号

今年も詐欺被害頻発

茅ケ崎警察署管内

今年も詐欺被害頻発

2月23日号

最後の高校生アート展

茅ヶ崎市美術館

最後の高校生アート展

2月16日号

犯罪防止活動に栄誉

消防本署に救急隊増配置

3月25日 オープン

柳島スポーツ公園

3月25日 オープン

2月9日号

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

松籟庵で雛人形展示

松籟庵で雛人形展示

3月4日まで

2月10日~3月4日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク