茅ヶ崎版 掲載号:2017年6月16日号 エリアトップへ

茅ヶ崎市待機児童 解消に向け施設整備進む

教育

掲載号:2017年6月16日号

  • LINE
  • hatena

 市保育課が6月5日、今年7月以降開園予定の保育園施設など7園を公表した。昨年10月に打ち出した市内保育所待機児童対策の計画に基づいたもの。

 7園の内訳は、小規模保育事業1園、事業所内保育事業2園、認定こども園4園となっている。

 小規模保育事業は、主に0歳から3歳までの低年齢児保育に特化した施設。低年齢児は特に待機児童が多く、その解消に効果が高いとされている。

 7月1日に「(仮称)サザンみらい保育園」(共恵2の3の17)が開園予定。昨年、市が待機児童の多い地区を対象に公募し調整を進めていたもので、4月1日開園の4園に続く形となる。

「今後も多面的な待機児童対策を」

 事業所内保育事業は、企業などが社員の福利厚生を目的に設けるもの。定員には地域枠も含まれ、こども園などと共に、従来と異なる新型保育システムとして近年注目されている。

 8月1日に「(仮称)おひさまキッズアカデミー」(高田5の4の36)、9月以降に「(仮称)湘南くすの木 けん」(松林3の4の6)が開園を予定している。

 認定こども園は、教育・保育を一体的に行う、幼稚園と保育園の機能を併せ持つ施設。「3歳の壁」対策として小規模保育所以降の保育児の受け皿機能のほか、移行に大きな手間を要さない点などが注目されている。

 2018年4月1日に「聖鳩幼稚園」(東海岸北3の10の4)、「湘南やまゆり幼稚園」(円蔵2の14の12)、「湘南やまゆり第二幼稚園」(円蔵2350)、「湘南マドカ幼稚園」(円蔵1の20の15)の4園が幼稚園型こども園に移行予定。

 今年4月1日時点の市内の待機児童数は18人。待機児童は年度初めに減少し、以降年度末に向け段々と増加する傾向にあるという。同課は「待機児童はまだゼロではない。既存園でも定員を超えて受け入れてくれている園が半数以上。今回公表した園以外も整備中だが、安心・安全な子育てのまちづくりのため、今後も多面的に対策を進めたい」と話した。問い合わせは市保育課【電話】0467・82・1111へ。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

ワーキングマザー両立応援カウンセリング

【Web限定記事】

ワーキングマザー両立応援カウンセリング 文化

事前予約制・託児あり・無料

5月20日号

茅ヶ崎海岸で美化キャンペーン

【Web限定記事】

茅ヶ崎海岸で美化キャンペーン 社会

6月5日(日)に2年ぶり開催

5月20日号

ちがさきの魅力発見!

茅ヶ崎青年会議所 〜実現力〜

ちがさきの魅力発見! 社会

ちがさき開発委員会 委員長 紀伊 智裕

5月20日号

リュウアンベさん個展

リュウアンベさん個展 文化

5月21日から8ホテルで

5月20日号

小出お寺マルシェ初開催

小出お寺マルシェ初開催 経済

5月22日に妙伝寺で

5月20日号

おかえり「アロハ」 大盛況

おかえり「アロハ」 大盛況 文化

2日間で延べ3万2千人

5月20日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リュウアンベさん個展

リュウアンベさん個展

5月21日から8ホテルで

5月21日~5月29日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook