茅ヶ崎版 掲載号:2017年6月30日号 エリアトップへ

神奈川県美術展で工芸の部特選に入賞した 石橋 聖肖(まさのり)さん 浜竹在住 52歳

掲載号:2017年6月30日号

  • LINE
  • hatena

いぶし銀の魔術師

 ○…彫金作品「圏界―雲に浮かぶ―」で県美展、工芸の部の特選を受賞した。聖肖の名は書家の父がつけたもの。「聖なるものに似る、って意味なんだよ」とにやり。チャームポイントの豊かな髭はいぶし銀のごとく艶やか。少年のようにも仙人のようにも見える、なんとも不思議な人物だ。

 ○…茅ヶ崎生まれ。小さいころから暇さえあれば絵を描いたり物作りに熱中していた。茅ケ崎高校時代、”ヤンチャ”をしつつも、美術の授業はきちんと受講。「何かを見抜いた」美術担当教師から、芸術の道を勧められた。「作品をすべて自分の手で仕上げたい」との思いから、東京芸術大学彫金専攻課程へ。現在は制作に勤しむ傍ら、専門学校や予備校などで教鞭をとる。自らアトリエを持たず自宅のこたつや台所で制作し「将来が楽しみな学生に『場所がないから制作できない』なんて言わせない」と、悪戯小僧のように笑う。

 ○…妻と2人暮らし。「作業をしていて、ふと気付くと隣で縫い物をしていたりする」似た者夫婦だ。作品に魂を込めるため、制作に没頭する期間と充電期間を分けているが、物作りの手は止まらず、趣味と制作の境はあってないようなもの。古いカメラや時計、ルアーなど「人の手が関わって生まれて、時が止まっている物」を見つけては、修繕し、生き返らせるのが楽しみ。愛車の「ジムニー」に乗って湖や山へも繰り出す。「つまらないも面白いも自分次第なんだよ」

 ○…「作品を1つの形に固まらせないように」と、いつも異なる手法や表現を考えながら制作に臨む。「作品は物語の一部であり、きっかけ。完成させるのは観る人。派手ではなく静かに、でも惹きつける、すーっと入っていけるような作品にしたいね」。受賞作をはじめ、作品は金属を主素材としつつも、どこか生き物の温かみを感じさせる。作品のモチーフに使われている家を覗きこむと、誰かが手を振っているように見えた。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

池田 美弥子さん

ギャラリー街路樹で個展を開く日本画家

池田 美弥子さん

矢畑在住 58歳

1月21日号

斉藤 進さん

茅ヶ崎市バリアフリー基本構想推進協議会の会長を務める

斉藤 進さん

秦野市在住 71歳

1月14日号

望月 信史さん

公益社団法人茅ヶ崎青年会議所2022年度理事長に就任した

望月 信史さん

下寺尾在住 38歳

1月1日号

鈴木 善明さん

鳥獣保護管理員を務め、自然保護功労者として神奈川県から表彰された

鈴木 善明さん

堤在住 76歳

12月24日号

大西 裕太さん

「湘南ビジネスコンテスト」でスタートアップ賞を受賞した

大西 裕太さん

元町在住 33歳

12月17日号

遠山 敬史さん

松下政経塾の塾長を務める

遠山 敬史さん

東京都在住 66歳

12月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

茅ヶ崎人の芸能を紐解く

ゆかりの人物館

茅ヶ崎人の芸能を紐解く

開高健記念館でも企画展

10月29日~3月27日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook