茅ヶ崎版 掲載号:2017年7月28日号 エリアトップへ

岩手ぅんめぇ〜もんグランプリ2017 最優秀に「わかめソルト」 茅ヶ崎の加工食品企業が開発

経済

掲載号:2017年7月28日号

  • LINE
  • hatena
記念の楯と「わかめソルト」を手にする磯部代表
記念の楯と「わかめソルト」を手にする磯部代表

 岩手県のイオンモール盛岡で7月15日に開催された「岩手ぅんめぇ〜もんグランプリ2017」で、茅ヶ崎市緑が浜の加工食品製造販売業「茶碗とお椀」(磯部俊行代表)が盛岡アビリティーセンターと共同出品した「わかめソルト」で最優秀賞に選ばれた。

 同グランプリは、岩手県の農林水産物を使った加工食品を審査・表彰することで6次産業化推進や県産農林水産物の需要拡大を図ろうと岩手県などが主催。今回は17事業者から32点の加工食品が出品され、審査員による審査と来場者500人による投票が行われた。

 「わかめソルト」は岩手県宮古市田老の特産「真崎わかめ」の塩蔵を粉末にしたもの。商品の独創性や様々な料理に使える多様性、パッケージデザインが評価され、最優秀賞と共に来場者から最も多くの投票を得た特別賞にも選ばれた。今後はいわて公式食のポータルサイトで紹介され、岩手県主催のイベントや県産品販売店などで展示販売される。磯部代表は「唯一の県外参加者だったので選ばれて驚いた。多くの人の協力があってこその結果。岩手の名産品として全国に広めていきたい」と喜びと共に今後の目標を語った。

音楽がつないだ縁

 磯部代表は山口県出身。バンド「サスライメイカー」のボーカルとしてCDデビューし、東京に拠点を移して音楽活動を行った。田老には2010年に田舎を舞台にした映画の音楽を担当した際に初めて訪れ、人や土地の雰囲気に惚れ込みたびたび訪れるようになった。翌年に東日本大震災が発生すると「何かできるはず」と支援物資と義援金を抱えて被災地へ向かう夜行バスに飛び乗り、その後も被災地での慰問ライブや全国ライブで託された義援金、物資を届けるなど支援活動を続けてきた。さらなる支援の一環として思いついたのが「わかめソルト」だった。

 「わかめソルト」は加工時に出てくる規格外部分を活用。舌触りや味わいにこだわり、加工を依頼していた盛岡の法人にたびたび足を運ぶなど2年をかけて開発した。「喉の病気で音楽活動を休止した時期で、岩手の産品を全国に発信していくための拠点を探していた。サザンを生んだ音楽の街、宮古に似た雰囲気をもつ茅ヶ崎を自然と選んだ」と起業の理由を明かす。現在はりんごやゴボウなど岩手県の名産品を使った「まんまシリーズ」を商品化しており「茅ヶ崎パウダーも作りたい」と意欲をみせる。

 「大きな目標は田老で食と音楽のフェスを開くこと。そのために頑張っていきたい」と思いを語った。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

「総合相談担当」来春発足へ

「総合相談担当」来春発足へ 社会

住民相談に重層的に対応

12月3日号

800m自由形で県学童記録

桑野真奈さん

800m自由形で県学童記録 スポーツ

7秒縮め、12年ぶりの更新

12月3日号

「#ちがすき」が1位に

日本地域情報コンテンツ大賞

「#ちがすき」が1位に 社会

Web部門・読者投票で

11月26日号

約56億円を補正へ

茅ヶ崎市

約56億円を補正へ 政治

12月市議会に提出

11月26日号

佐藤さん「神奈川の名工」に

佐藤さん「神奈川の名工」に 文化

壁装施工ひと筋38年

11月19日号

ステッカーで「自転車止まれ」

ステッカーで「自転車止まれ」 コミュニティ社会

茅小児童が40カ所に設置

11月19日号

小清水仏壇店年末セール

お仏壇ご奉仕価格 全商品仏具一式付きで1割~3割引き!

htt9://chigasaki-saijyou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook