茅ヶ崎版 掲載号:2017年8月11日号
  • googleplus
  • LINE

少年サッカー 初の関東大会へ カルペソール湘南U-12

スポーツ

関東に挑むカルペソール湘南U-12
関東に挑むカルペソール湘南U-12
 茅ヶ崎を拠点に活動する少年サッカーチーム「カルペソール湘南」のU―12チームが県大会で3位に入賞し、8月18日(金)から栃木県で開催される「2017フジパンCUP第41回関東少年サッカー大会in栃木」に出場する。市内のチームが関東大会の出場権を手にしたのは初めて。

執念の3位入賞

 カルペソール湘南は2015年7月に発足。元湘南ベルマーレフットサルクラブのジオゴ・サントス・岡田氏をヘッドコーチに迎え、茅ヶ崎をはじめ平塚、藤沢、伊勢原など近隣市から通う少年たちが日々練習に励んでいる。

 4月に開かれた茅ヶ崎市民大会で優勝した同チームは、市代表として7月の県大会へ出場。初戦から快勝を重ねたが、準決勝で関東大会常連の強豪、バディーサッカークラブ(横浜市)と対戦すると、思うように自分たちのプレーが出せず0対7と大敗を喫した。続くFC六会湘南台(藤沢市)との3位決定戦では敗戦から気持ちを切り替え、前半から4点を先取する勢いを見せて5対2で関東大会の出場権を勝ち取った。キャプテンの市川凜音君(藤沢小6年)は「3位決定戦ではみんなの気合が入り、全力でこの日一番のゲームができた。関東で勝ち上がればバディーとの再戦もありえる。この差を縮めていきたい」と語った。

リミットに挑戦

 関東大会には関東8都県から24チームが出場し、優勝を目指し競い合う。カルペソールは予選リーグで、日本代表も輩出した江南南サッカー少年団(埼玉県)、プロサッカークラブ傘下の東京ヴェルディジュニア(東京都)と同じグループで戦うことになる。岡田コーチは「レベルの高いグループだが、こちらが相手を研究できるのに対し他チームはまだカルペソールのことをよく知らないという強みもある。選手一人ひとりが自分の夢に向かってリミットにチャレンジし、自身の成長の機会にしてほしい」と思いを語った。

 初の大舞台に向けて合宿や練習試合を重ねる同チーム。岡田コーチは「U―12は昨年4月にできた若いチーム。各人が速さや技術、キックなど特技をもっているので勝てているが、戦術などチームのコンセプトがまだできあがっていない。個人技とチームワークをどう組み合わせられるかが今後の課題」と現状を分析する。市川君は「日頃の練習に集中して取り組んでいけば試合の時も同じように動けるはず。出場するからにはできるだけ上を目指したい」と意気込みを語った。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6件

一般会計が過去最高

2018年度予算案

一般会計が過去最高

2月23日号

今年も詐欺被害頻発

茅ケ崎警察署管内

今年も詐欺被害頻発

2月23日号

最後の高校生アート展

茅ヶ崎市美術館

最後の高校生アート展

2月16日号

犯罪防止活動に栄誉

消防本署に救急隊増配置

3月25日 オープン

柳島スポーツ公園

3月25日 オープン

2月9日号

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

松籟庵で雛人形展示

松籟庵で雛人形展示

3月4日まで

2月10日~3月4日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク