茅ヶ崎版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

サッカー国際大会 開催へ U15選手 湘南で異文化交流

スポーツ

覚書を締結した首長ら
覚書を締結した首長ら
 茅ヶ崎市や平塚市、大磯町で来年5月、15歳以下のサッカー国際大会「ワンネーションカップ2018湘南大会」を開催するとして、同大会の主催者「公益法人スポルトガルデン」(チェアマン:ハンス・ウルリッヒ・バルデ)と地元実行委員会が10月13日、ホテルサンライフガーデンで覚書の締結式を開催した。

 同大会は06年、ドイツ・ブレーメンで初開催され、中学生世代の国際交流などを目的にこれまで5回開催。日本は06年大会に柏レイソル、11年大会からは湘南ベルマーレや大磯のクラブチームを中心に湘南選抜の選手が出場している。

 18年大会は5月21日〜26日の日程で、日本やドイツ、トルコ、ロシア、南アフリカなどの選抜チームが参戦予定。(仮称)柳島スポーツ公園や平塚市の馬入ふれあい公園サッカー場などを会場に選定した。

 地元開催を受け、2市1町やベルマーレ、商工会議所などは実行委員会を設立。ドイツでプレー経験のある横浜FC会長・奥寺康彦さんが委員長に就任し、官民連携で大会実施に向けた準備を進めている。

 13日の締結式に参加したウルリッヒさんは「さまざまな国際交流につなげてほしい」と湘南地区での開催を歓迎。奥寺委員長は「サッカーを通じて異文化交流をしながら、最終的に『開催してよかったね』と思える大会にしていきたい」と意気込んでいた。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

松籟庵で雛人形展示

松籟庵で雛人形展示

3月4日まで

2月10日~3月4日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク