茅ヶ崎版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

第72回国民体育大会サッカー競技少年男子で優勝の神奈川県チームの監督を務めた 平塚 次郎さん 茅ヶ崎市内在住 37歳

選手の背を押す言葉

 ○…広島県と対峙した決勝戦は、前後半を終えて0対0。延長で勝敗が決しなければ、両者優勝となるのが規定だ。20年前に国体に出場したが、届かなかった頂点の座。悔しさは鮮明に脳裏に焼き付く。「単独優勝をめざそう」。そう声をかけて送り出した選手は、逞しく栄冠をつかんだ。目標達成に喜びをかみしめながらも、「再スタートだ」と気合いを入れ直したのは親心。「てっぺんをとると気が緩む。彼らには日本代表を目指してほしい」

 ○…小田原市出身。幼稚園の頃、兄の影響で始めたサッカー。才能はすぐ開花し、優秀な人材を発掘し育てる組織「トレセン」にも選抜された。そこで出会った各地域のトップレベルの選手に「小田原で一番」と思っていた少年は、にわかに鼻をへし折られた。だが、「ジャンケンも負けたくない」という超が付く負けず嫌い。勝ちたい一心で練習に励み力をつけた。中学を卒業する頃、複数の高校から届いた推薦を蹴ってベルマーレ平塚(当時)の下部組織を選択。努力でライバルに打ち勝ち、Jリーガーになる夢もつかんだ。だが、出場は3年間で11試合。「プロの山は高かった。今振り返れば、緩みがあったかな」

 ○…サッカーのこととなればストイックさが健在だが、その素顔は「3人の子どもと遊ぶことが趣味」という優しきパパ。「やりたいと思う気持ちさえあれば、成功しなくても良いと思う」。勉強や趣味についてとやかく言わず、あくまでも自主性を重んじるのは自身の父親に似ている。

 ○…指導者として大切にしている「言葉」。住む地域や家庭環境など、選手個々の背景を理解して接し方を考える。「戦術はネットや本で調べられるけれど、選手との信頼関係を築くのは言葉。プロの世界に行ったら、それはなおさら」。現在は湘南ベルマーレのU-15(15歳以下)のコーチ。世界で活躍する選手を育て、地元のサッカー界を盛り上げるのが目標だ。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6件

安部 竜一さん

雄三通りスマイルプロジェクト(YSP)のアートプロジェクトで街中に絵を描く

安部 竜一さん

1月19日号

岡 耕介さん

茅ヶ崎市美術館で2月4日(日)まで展覧会「TUMBLING DICE」を開催している

岡 耕介さん

1月12日号

三好  景(みよし あきら)さん

2018年茅ヶ崎市成人のつどい実行委員長を務め、式典で代表の言葉を述べる

三好 景(みよし あきら)さん

1月5日号

渡辺 久夫さん

公益社団法人茅ヶ崎青年会議所の2018年度理事長に就任した

渡辺 久夫さん

1月1日号

志摩 李々子(りりこ)さん

秦野市民バレエフェスティバル「くるみ割り人形」でクララ役を演じる

志摩 李々子(りりこ)さん

12月15日号

吉田 恵子さん

県乳牛共進会で2年連続総合1位を獲得した(有)吉田牧場の取締役を務める

吉田 恵子さん

12月8日号

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク