茅ヶ崎版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

創立70周年を迎えた軟式野球チーム「茅ヶ崎ピースクラブ」の代表を務める 秋葉 洋さん 香川在住 84歳

野球でつなぐ人の輪

 ○…市制と同じく、今年創立70周年を迎えた「茅ヶ崎ピースクラブ」。戦後の東海岸で少年野球チームとして結成し、時を経て茅ヶ崎の壮年野球チームに変化して活動する現在まで、長きにわたりチームを見守り続けてきた。

 ○…東京都港区出身。母親の療養のため、5歳で茅ヶ崎市東海岸に移り住んだ。「ガキ大将だったんだ」といたずらな笑みを浮かべる。近所の子どもたちを引き連れ、釣りや虫取りに市内を駆け回った。熱中した野球は、日本郵船の船乗りとして国外を飛び回る父との貴重な交流の機会。その魅力を仲間と共有しようと、13歳でクラブを結成しキャプテンを務めた。「悪ガキがあり余る力を発散して、熱くなれる場所を作りたかった」と目尻にしわを寄せる。18歳で少年野球を卒業してからは監督としてチームを指導した。さらに大学卒業後に就職した建築会社でも野球チームを結成。バイタリティは野球のみにとどまらず、50歳で独立し建築会社「株式会社クオリテー」を立ち上げた。今では後進に席を譲り、相談役として会社を支える。

 ○…頼れるリーダーも、家では「近くに住む娘や孫と会うのが楽しみ」と微笑む好々爺。孫娘の夫もピースクラブに入り「9人男の子がいたら野球チームを組んだんだけどねえ」と野球熱は冷めやらない。最近は体を動かす機会が少なくなったが、今でもチームの試合に顔を出して後輩たちへエールを送る。

 ○…戦後の地元の強豪社会人チームに憧れて作ったピースクラブ。今では伝統あるチームに育ち、知人に「実は自分も憧れていたんだよ」と声をかけられる立場になった。当時の写真を眺めながら、70年続くチームで自分が大切にしてきた「人と人とのつながり」を噛みしめる。「一人ひとりの”自分のチーム”を育てていこうという気持ちが今につながっている。100年続くチームになってくれれば」と目を細めた。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6件

神村 貴男さん

茅ヶ崎飲食店組合の新組合長に就任した

神村 貴男さん

2月16日号

金井 加代子さん

「神奈川なでしこブランド」に認定された(有)ティーケイトインターナショナルの代表取締役を務める

金井 加代子さん

2月9日号

矢島 敏さん

「第3回S―1沖縄しまくとぅば漫談大会」で3位に入賞した

矢島 敏さん

2月2日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月26日号

安部 竜一さん

雄三通りスマイルプロジェクト(YSP)のアートプロジェクトで街中に絵を描く

安部 竜一さん

1月19日号

岡 耕介さん

茅ヶ崎市美術館で2月4日(日)まで展覧会「TUMBLING DICE」を開催している

岡 耕介さん

1月12日号

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

松籟庵で雛人形展示

松籟庵で雛人形展示

3月4日まで

2月10日~3月4日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク