茅ヶ崎版 掲載号:2018年1月5日号
  • googleplus
  • LINE

成人のつどい 2,381人が門出 1月8日 総合体育館で

社会

晴れ舞台に集う新成人たち(写真は昨年)
晴れ舞台に集う新成人たち(写真は昨年)
 2018年茅ヶ崎市成人のつどいが1月8日(月・祝)に茅ヶ崎市総合体育館で開催される。今年は男性1209人(前年比67人増)、女性1172人(前年比119人増)の計2381人が新成人として門出を迎える。

 対象者は1997年4月2日から1998年4月1日生まれで、茅ヶ崎市在住、または出身の人。昨年に比べ186人増加した。今年は「つなぐ」をテーマに催される成人のつどい。市内各中学校の卒業生から推薦、立候補した14人のメンバーで構成される実行委員会が企画し、準備を進めてきた。

 式典は午後2時に開式。出席を予定している服部信明茅ヶ崎市長や来賓から新成人に祝いの言葉が贈られる。また成人を代表して決意を述べる「成人のことば」を中島中出身の三好景(みよしあきら)さん=人物風土記で紹介=が務める。

 式典後には茅ヶ崎市ゆかりの宇宙飛行士・野口聡一さんや元プロテニスプレーヤーの杉山愛さんなどからのお祝いのメッセージも予定されている。

 また、アトラクションとして、実行委員らが母校を訪れて撮影した中学生時代の恩師からのビデオレターや、実行委員会が脚本・撮影・編集などを手掛けた動画「つなぐ de むーびー」も上映される。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6件

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク