茅ヶ崎版 掲載号:2018年2月9日号 エリアトップへ

「神奈川なでしこブランド」に認定された(有)ティーケイトインターナショナルの代表取締役を務める 金井 加代子さん 柳島海岸在住 59歳

掲載号:2018年2月9日号

  • LINE
  • hatena

「茅ヶ崎の海を後世へ」

 ○…「美しい海があってこそできるウエットスーツの製造・販売の仕事。後世まで自然を残すために、事業を通じて何ができるか」。産業廃棄物になっていた端材の活用を考える中、社員の子育て中の友人が、サメをモチーフにした可愛らしいキーケースを製作。「小学生になるお子さんのために作った、自宅の鍵を首から下げて持ち歩くキーケース。母親の愛情が詰まっていた」。アイデアに感化され、その女性をデザイナーとして社員に登用。女性社員でプロジェクトチームを立ち上げ商品化を図り、なでしこブランドに認定された。

 ○…箱根町宮城野で旅館を切り盛りする祖母と両親のもとで育つ。祖母が銀行や取引先で契約する場に小学生ながら同席し「祖母は多くを語らず、なぜ私を連れて行ったのか当時は分からなかった。経営者はどうあるべきか背中で示していたのかな」と振り返る。勉学に対しても厳しく「少しでも成績が下がると『傾向と対策』を明確に示さないといけなくて」と苦笑する。

 ○…高校卒業後、貿易英語を学ぶ専門学校へ進学。箱根から横浜まで通学し「山育ちだからか湘南の海に憧れて、いつか働きたいと思った」。念願叶って茅ヶ崎のウエットスーツメーカーで勤務し夫と出会い23歳の時に結婚。夫が独立を目指す際、幼い頃から学んだ企業経営を思い出し「職人気質の夫を支え、経営の役割を担おう」。夫と二人三脚で会社を起こした。

 ○…東日本大震災後、マリンレジャーを楽しむ人が減りウエットスーツの需要も低下。2012年に「会社をたたもうと本気で考えた」というが、息子と2人の娘から「両親の働く姿が好きだからやめないで」と言われ思いとどまった。そして再起を賭け、ウエットスーツ素材の防災ベストや端材を使った商品開発を開始。「活躍する女性の姿が、その子どもたちの成長にもつながる。もっとあたたかな地域、人を育てていきたい」と笑顔を見せた。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

原 俊一さん

5周年を迎えた「ちがさき丸ごとふるさと発見博物館友の会」(丸博友の会)事務局長

原 俊一さん

東海岸北在住 73歳

9月17日号

石田 省三郎さん

神奈川県美術展・写真部門で準大賞を受賞した

石田 省三郎さん

白浜町在住 75歳

9月10日号

千葉 雅英さん

藤沢税務署長に7月、就任した

千葉 雅英さん

横浜市在住 60歳

9月3日号

本柳 とみ子さん

オーストラリアの学校事情をまとめた『コアラの国の教育レシピ』を出版した

本柳 とみ子さん

菱沼海岸在住 67歳

8月27日号

横溝 さやかさん

ともいきアートの象徴絵画を制作した

横溝 さやかさん

市内在住 34歳

8月20日号

大森 正也さん

競技としてのSUPを広める活動をしている

大森 正也さん

本村在住 27歳

8月13日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook