茅ヶ崎版 掲載号:2018年2月23日号 エリアトップへ

「第5回サザンマルシェ」の実行委員長を務める 中利(なかり) 隆光(たかみつ)さん 旭が丘在住 43歳

掲載号:2018年2月23日号

  • LINE
  • hatena

原動力は「感謝」

 ○…髪型にこだわっているわけではない。「親友に切ってもらっていて、すべておまかせ。いざとなったら坊主にすればいい」。これといった趣味はなく、こだわりも少ない。「自分は何もできない」と自覚するからこそ、周囲への感謝を人一倍強く抱いて生きてきた。

 〇…中央公園で3月4日(日)に開催する『サザンマルシェ』の実行委員長を務める。クラフト販売から湘南の人気店が集う屋台村、ポニー乗馬体験、相模湾で採れた魚を展示する水族館まで。5回目を迎える青空マーケットの中心的な存在だが、「実行委員のメンバーに助けられてばかり」と苦笑しつつ、「みんなで肩を組んでやっていきたい。来場者、出店者、関わる人たちの笑顔が見たい」とイベント準備に奔走する日々だ。

 〇…生まれは横浜。兄の影響で小学生時代は野球に取り組んだが、中学では一転、バスケ部へ。「飽きっぽい」性格から、それも高校までは続かなかった。以降、ウクレレを購入してスクールに通ったのも1回だけ、三線も手に入れたが日の目を浴びることはなかった。「先のことをあまり考えずに行動しちゃうんです。でも、30歳までには自分の店を持つということだけは決めていた」

 〇…アルバイトや社員として飲食店を転々とし、横浜の焼き鳥店へ。新規オープンする茅ヶ崎店の店長を任され、25歳でこの街にやって来た。そして29歳のときに念願の独立。美住町に焼き鳥店『ピカピカ』の1号店、35歳で幸町に2号店を出店した。今でも店内で煙にまみれ、多いときには1日800本を焼き上げる。妻や2人の息子たちと出かけた先でも、焼き鳥を食べに行くほど。「焼き鳥だけは飽きない。塩加減、焼き加減はこだわりますよ」と頬を緩ませる。

 〇…ニックネームは、苗字の一部をとって『りんちゃん』。これまで周りに支えられてきた分、「恩返しをしていく」と新たなこだわりを口にした。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

茅ヶ崎市民文化会館で第21回玉泉水墨画会展を開く

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

寒川町在住 74歳

5月20日号

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月13日号

宮坂 義明さん

茅ヶ崎商工会議所青年部(YEG)の今年度会長に就任した

宮坂 義明さん

藤沢市在住 43歳

5月6日号

岡田 嘉則さん

藤沢市にある高齢者施設で、作品展「三人展 春光」を開催している

岡田 嘉則さん

元町在住 68歳

4月29日号

バンティング香さん

23日から始まるギャラリー街路樹の展示に参加する陶芸作家

バンティング香さん

矢畑在住 49歳

4月22日号

大柳 誠二さん

茅ヶ崎市消防署長に就任した

大柳 誠二さん

寒川町田端在住 54歳

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リュウアンベさん個展

リュウアンベさん個展

5月21日から8ホテルで

5月21日~5月29日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook