茅ヶ崎版 掲載号:2018年3月16日号 エリアトップへ

広域避難場所 4月から29カ所に拡大 周辺環境の変化に対応

社会

掲載号:2018年3月16日号

  • LINE
  • hatena
高田代表理事(左)と服部信明市長
高田代表理事(左)と服部信明市長

 茅ヶ崎市は、災害によって大規模な火災が発生した際に輻射熱や煙などの危険から一時的に身を守るために避難する場所「広域避難場所」を、現行の8カ所から29カ所に増加する。現在、新たに指定する予定の施設の管理者と協議が進められており、4月上旬を目途に指定を完了する。

 現在、市内には8カ所の広域避難場所があり、そのうち7カ所が昭和50年代に指定されたものだった。それから40年以上が経過し、人口や世帯数の増加、木造家屋の密集により延焼火災のリスクが高まったことなどから、市では昨年1月から学識経験者の意見を参考にしながら安全性を再検証。市民向けに検討状況の説明会も数回行ってきた。

南湖荘を新規指定

 市は協議を進める中で、2月20日に新規指定第1号となる一般社団法人南湖荘(高田耕太郎代表理事、南湖7の12869)と「大規模火災発生時等における指定緊急避難場所としての使用に関する協定書」を締結した。市担当課は、「引き続き民間施設の協力を頂きながら努めていきたい」と話している。

 4月から看板の設置や広報紙などで周知を図る。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

聖火がつないだ不思議な縁

聖火がつないだ不思議な縁 社会

小学生の自由研究がきっかけ

10月15日号

海洋プラで万華鏡作り

海洋プラで万華鏡作り 教育

10月24日 うみかぜテラス

10月15日号

夜のゴルフ場 特別な体験

夜のゴルフ場 特別な体験 スポーツ

GDOが地域向け企画

10月15日号

ほのぼのイラスト展開催

ほのぼのイラスト展開催 社会

10月28日から

10月15日号

「#ちがすき」中間報告で1位

日本地域情報コンテンツ大賞

「#ちがすき」中間報告で1位 社会

読者投票は10月26日まで

10月15日号

「希望に満ちたシーズンに」

神奈川フィル

「希望に満ちたシーズンに」 文化

来シーズンのプログラムを発表

10月15日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

割烹竹万

新型コロナワクチン2回接種で10%割引も!

http://takeman.co.jp/newinfo/covitvaccine.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook