茅ヶ崎版 掲載号:2018年3月23日号
  • LINE
  • hatena

外国人の日本語スピーチ 5カ国20人が登壇

文化

茶道体験を語るベトナムのファム・ビック・タオさん
茶道体験を語るベトナムのファム・ビック・タオさん
 茅ヶ崎市青少年会館で3月11日、「第21回外国人による日本語スピーチ大会」が開催された。茅ヶ崎市と茅ヶ崎市国際交流協会(野村寛理事長)が共催。

 当日はベトナム、モンゴル、中国やインドネシアなどから来日した5カ国20人が登壇。「日本の印象」「日本での生活」など、約100人の来場者を前に日本語で発表を行った。

 また、昨年の大会で国際ソロプチミスト賞を獲得したモンゴル出身のバトチョローン・アリオンジャルガルさんによる特別スピーチ「絆の社会」も披露された。

 同協会理事長賞にはアアン・アムルラー・サプトラ(インドネシア/1年9カ月)「成功は空から降って来ない」、茅ヶ崎市長賞はチン・ヴァン・ティエットさん(ベトナム/1年)「日本 将来緑の家」、国際ソロプチミスト茅ヶ崎賞にはエルデンバット・オヤンガさん(モンゴル/5年)「5年の変化について」、参加者投票によるポピュラー賞にはフィン・コン・フックさん(ベトナム/1年4カ月)「今までボランティアに対して持っていた考えが変わった日」が選出された。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

手作り胡椒で地産地消目指す

柳島海岸在住 マイケル・A・フォーリンさん

手作り胡椒で地産地消目指す

2月22日号

茅ヶ崎コンビが今季の活躍誓う

役所に響く「ワッハッハ」

地域で愛され続ける「味」

株式会社渡辺特殊食品

地域で愛され続ける「味」

2月22日号

岸氏、黒岩氏が出馬表明

県知事選

岸氏、黒岩氏が出馬表明

2月22日号

待機児童140人

待機児童140人

2月22日号

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク