茅ヶ崎版 掲載号:2018年4月6日号
  • LINE
  • はてぶ

「トマトわんたん」新名物に ラーメンになってデビュー

経済

(上)トマトわんたんの皮を持つ関谷さん(下)販売されたタン麺
(上)トマトわんたんの皮を持つ関谷さん(下)販売されたタン麺
 中央公園で4月1日に開催された「茅ヶ崎さくら祭り」の会場で、新名物がデビューした。

 『トマトわんたん』。茅ヶ崎産トマトをわんたんの皮と具材に使用した逸品だ。この日は「ラーメン達」(共恵)によって、『トマトわんたんタン麺』として販売された。

 塩味のさっぱりしたタン麺に、トマトわんたんと肉味噌、さらに生のトマトをのせた新商品。口にした島添吏和(りお)君(8)は「大好きなトマトの味がしっかりしていて、こういうのは初めて」と大満足。小出小百合さん(26)も「ヘルシーでおいしい。くどくないので、また食べたくなる」と笑顔を浮かべた。

名物会議で発案

 トマトわんたんを生み出したのは、商工会議所青年部が主催する「茅ヶ崎名物会議」。茅ヶ崎の良さを具体化しようと、1年前からスタートしたプロジェクトでは、青年部の会員以外に市内の商業者も加わり、50〜60人で会議を重ねてきた。その中で、JAさがみ湘南トマト茅ヶ崎出荷組合と湘南ラーメン会のコラボメニューとして、トマトわんたんが完成した。

 ラーメン会に加盟する「達」の関谷達朗さん(42)は、「名物になるよう育てていきたい」と言い、今後は湘南祭などのイベント出品を経て、加盟店で提供していきたい考えだ。名物会議の中心メンバー・石井政輝さん(32)は「これからも新名物を創り出していきたい」と語った。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

稲岡ハウジング㈱が正社員募集中

昼食代支給、健康診断休暇、報奨金制度、国内外に社員旅行。詳細は本社総務課へ。

https://www.inaoka-h.com/

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク