茅ヶ崎版 掲載号:2018年4月13日号 エリアトップへ

「第28回ゆきのまち幻想文学賞」で準大賞を受賞した 岩本 奈恵さん 矢畑在住 37歳

掲載号:2018年4月13日号

  • LINE
  • hatena

「表現」がライフワーク

 ○…「書くことはライフワークみたいなもの」。セミプロのヴァイオリン奏者として活動する傍ら執筆にも取り組む。受賞作「旅の道連れ」では、環境破壊が進んだ世界で、特殊な能力を持った一人の少年が歌の力で少しずつ地球を”治し”ていくという物語を描いた。「音楽だけでは表現しきれない部分を物語にぶつけているんです」と微笑む。

 ○…大阪府出身。幼い頃から絵本をよく読み、初めて自分で物語を考えたのも小学校に上がる前だった。ピアノを教えていた母の影響で3歳からピアノ、5歳からヴァイオリンを始めた。小学生で兵庫へ移住し、県立西宮高校の音楽科に入学。音楽活動に心血を注ぐ中、息抜きとなったのが物語を書くことだった。高校2年のとき、漫画家・萩尾望都の描く世界観に憧れ、氏が審査員を務める「ゆきのまち幻想文学賞」に応募。初応募で見事佳作に入賞した。

 ○…高校卒業後は上京し、東京藝術大学で音楽理論を学ぶ。一時音楽活動に専念する時期もあったが、その後も応募を続け、5度目にして準大賞の栄誉に浴した。「音楽の専門知識も交えて自分だけが描けるクライマックスの場面を仕上げた。その点が評価されたのだと思う」と振り返る。

 ○…夫と双子の息子の4人家族。学生時代に友人の母のコンサートに出演した時、友人の兄である現在の夫と出会った。双子が生まれると、子育てにより良い環境を求めて茅ヶ崎へ移り住んだ。「茅ヶ崎は人が自由。景色も綺麗で良いインスピレーションがもらえる」と満足気。「今回の受賞でさらに意欲が湧いてきた。次はもっと上を目指したい」と現在は長編も構想中だ。子育てに執筆、音楽活動と目まぐるしい日々を送りながらも晴れやかな笑みは絶えない。

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

土屋 翔平さん

地元開催のラグビー社会人リーグに臨む

土屋 翔平さん

今宿出身 23歳

11月15日号

井上 光男さん

47都道府県のウォーキング大会に 出場し続ける

井上 光男さん

浜須賀在住 86歳

11月8日号

宮坂 久喜さん

茅ヶ崎断酒新生会の会長を務める

宮坂 久喜さん

菱沼在住 70歳

11月1日号

川上 彰久さん

公益社団法人 藤沢法人会の会長を務める

川上 彰久さん

藤沢在勤 69歳

10月25日号

岡崎 文江さん

「田舎会」で郷土料理の指導を行う

岡崎 文江さん

堤在住 79歳

10月11日号

片桐 俊彦さん

茅ケ崎警察署長に9月に就任した

片桐 俊彦さん

十間坂在住 59歳

10月4日号

松島 恵利子さん

『義足と歩む』を出版した脚本家・ライターの

松島 恵利子さん

平和町在住 55歳

9月27日号

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絶筆『珠玉』の足取りを辿る

絶筆『珠玉』の足取りを辿る

開高健 没後30年企画展

10月12日~3月29日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク