茅ヶ崎版 掲載号:2018年4月20日号 エリアトップへ

企画展 ゆかりの人物 半生を辿る 直筆の原稿などを初公開

文化

掲載号:2018年4月20日号

  • LINE
  • hatena
ゆかりの人物館で展示されている南湖院第三病舎の図面
ゆかりの人物館で展示されている南湖院第三病舎の図面

 茅ヶ崎ゆかりの人物館(東海岸南6の6の64)と茅ヶ崎市開高健記念館(同)で、前期企画展が4月14日から始まった。人物館では「国木田独歩」を初めて取り上げ、記念館では開館以来初となる開高健の生涯を辿る展示を行う。会期は9月30日(日)まで。

「国木田独歩」

 茅ヶ崎ゆかりの人物館では、国木田独歩の没後110年という節目の年にあたることから、これを記念し、企画展「没後110年 国木田独歩、茅ヶ崎ですごした最期の141日」を開催。

 展示は2部構成で、1部では、幼少期と少年時代、恋愛に揺れる青年期、文学者としての出発、雑誌編集者としての挑戦や挫折などについて紹介。2部では、結核療養所「南湖院」に入院してからの生活、独歩とともに茅ヶ崎の名が全国に広がる様子を取り上げている。

 独歩の作品や直筆の書簡などを多数展示しているほか、南湖院第三病舎の図面(コピー)が初公開されている。

「開高健」

 開高健記念館では、企画展「“耳の物語”を読む」を開催。企画展は、38歳の時に出された『青い月曜日』、音の記憶をたよりに自らの半生を描いた『耳の物語』、『破れた繭』、『夜と陽炎』、これらの作品の直筆原稿や関連資料を紹介しながら、開高がどのように半生を再構築したかを掘り下げている。

 市では「人間的魅力にあふれた2人の足跡を、多くの方に辿っていただきたい」と話している。

各館の観覧料は200円(共通観覧料300円)。

20代の頃の開高健
20代の頃の開高健
1905年頃の国木田独歩
1905年頃の国木田独歩

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

事故防止へ社会実験中

事故防止へ社会実験中 社会

本村の交差点で「光」活用

1月17日号

最優秀ディスク受賞

CAFUAレコード

最優秀ディスク受賞 文化

米国海兵隊の演奏を収録

1月17日号

「産後ケア」の輪 広がる

「産後ケア」の輪 広がる 社会

浜見平でママが交流

1月10日号

小出の魅力、マークに

小出の魅力、マークに 社会

小学生のアイデア結実

1月10日号

東京五輪、目標はメダル

東京五輪、目標はメダル スポーツ

サーフィン・松田詩野さん

1月1日号

2020年は「前へ、前へ」

2020年は「前へ、前へ」 政治

佐藤光市長 新春インタビュー

1月1日号

選挙、令和、大型台風…

選挙、令和、大型台風… 社会

 茅ヶ崎の1年を振り返る

12月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク