茅ヶ崎版 掲載号:2018年4月20日号 エリアトップへ

企画展 ゆかりの人物 半生を辿る 直筆の原稿などを初公開

文化

掲載号:2018年4月20日号

  • LINE
  • hatena
ゆかりの人物館で展示されている南湖院第三病舎の図面
ゆかりの人物館で展示されている南湖院第三病舎の図面

 茅ヶ崎ゆかりの人物館(東海岸南6の6の64)と茅ヶ崎市開高健記念館(同)で、前期企画展が4月14日から始まった。人物館では「国木田独歩」を初めて取り上げ、記念館では開館以来初となる開高健の生涯を辿る展示を行う。会期は9月30日(日)まで。

「国木田独歩」

 茅ヶ崎ゆかりの人物館では、国木田独歩の没後110年という節目の年にあたることから、これを記念し、企画展「没後110年 国木田独歩、茅ヶ崎ですごした最期の141日」を開催。

 展示は2部構成で、1部では、幼少期と少年時代、恋愛に揺れる青年期、文学者としての出発、雑誌編集者としての挑戦や挫折などについて紹介。2部では、結核療養所「南湖院」に入院してからの生活、独歩とともに茅ヶ崎の名が全国に広がる様子を取り上げている。

 独歩の作品や直筆の書簡などを多数展示しているほか、南湖院第三病舎の図面(コピー)が初公開されている。

「開高健」

 開高健記念館では、企画展「“耳の物語”を読む」を開催。企画展は、38歳の時に出された『青い月曜日』、音の記憶をたよりに自らの半生を描いた『耳の物語』、『破れた繭』、『夜と陽炎』、これらの作品の直筆原稿や関連資料を紹介しながら、開高がどのように半生を再構築したかを掘り下げている。

 市では「人間的魅力にあふれた2人の足跡を、多くの方に辿っていただきたい」と話している。

各館の観覧料は200円(共通観覧料300円)。

20代の頃の開高健
20代の頃の開高健
1905年頃の国木田独歩
1905年頃の国木田独歩

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

「じゃがいもん」北海道で活躍

「じゃがいもん」北海道で活躍 教育

梅中生2人がキャラ制作

1月21日号

有料化控え申請増加

生ごみ処理機購入補助制度

有料化控え申請増加 社会

9カ月で前年比40件増

1月21日号

「松籟庵」が開館30周年

「松籟庵」が開館30周年 文化

茶道文化伝える拠点に

1月14日号

救急は905件増

2021年出動状況

救急は905件増 社会

火災は2件減 死者はゼロ

1月14日号

「地域創造大賞」を受賞

茅ヶ崎市美術館

「地域創造大賞」を受賞 文化

ユニークな企画が評価

1月7日号

官民連携しまちづくり

浜見平地区

官民連携しまちづくり 経済

4者協定を締結

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

茅ヶ崎人の芸能を紐解く

ゆかりの人物館

茅ヶ崎人の芸能を紐解く

開高健記念館でも企画展

10月29日~3月27日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook