茅ヶ崎版 掲載号:2018年6月1日号
  • googleplus
  • LINE

「いじめ問題」受け体制強化 学校相談員を増員へ

教育

 市内小学5年生の男子児童が、いじめが原因で2年以上にわたり不登校になっている問題を受け、市教育委員会は子どもたちを取り巻く環境の見直しを進めている。市議会議員を対象とした5月21日の全員協議会で、スクールソーシャルワーカー(SSW)1人と、弁護士1人を新たに採用する方針を明らかにした。

 *  * 

 学校からの要請により、相談・支援活動を行うSSW。茅ヶ崎市では現在、教育委員会内に在籍する市採用の1人と、拠点校2校にそれぞれ配置する県採用2人がおり、公立の小中学校32校を3人で担当してきた。今回の増員の背景には、市採用の職員が幅広い学校をカバーし、いじめや不登校、問題行動など年間900件以上の相談に対応している現状がある。

問題発生時の第三者性担保

 また、重大な問題が起きた際の「第三者性の担保」も増員の目的だ。5年生の男子児童を巡る問題では、市採用のSSWはいじめ発生後に保護者と接触していた。そのため、第三者で構成する2016年11月からの『茅ヶ崎市いじめ防止対策調査会』には加われていない。市採用の職員を増員すれば、問題発生後に1人が関係者と会った場合も、もう1人が調査会のメンバーに第三者的な立場で入ることができる。

 新たに募集する弁護士は、学校などで発生する課題に対して助言や指導を行う。市教育委員会は、SSWと弁護士の人件費を盛り込んだ補正予算案を、6月15日(金)開会の市議会第2回定例会に提出。承認されれば、今年7月から採用する。

 男子児童に関するいじめの調査は続いており、今秋に終了する見通し。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6件

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

茅ヶ崎の砂で創り出すアニメ

茅ヶ崎の砂で創り出すアニメ

若見ありささん 美術館で上映

8月11日~9月2日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月10日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク