茅ヶ崎版 掲載号:2018年6月29日号 エリアトップへ

茅ヶ崎美術家協会の会長を務める 渡辺 征雄さん 75歳

掲載号:2018年6月29日号

  • LINE
  • hatena

変革と発展のキーパーソン

 ○…「制作と同じで活動には熱が必要だと思うんだ」。一言一言に熱を込める。会結成から45年、今春新たに就任した大磯在住の会長は、市外から初の抜擢だった。会との関係は長く、1971年に茅ヶ崎の青少年会館立ち上げに尽力していた際に「茅ヶ崎美術クラブ」の存在と休止状態を知り、復活に奔走。以後、裏方で同会の発展に尽くして来た。今回の就任には、会の変革と発展のキーパーソンとして期待する声が上がっている。

 ○…多摩美術大学を卒業し、県内各地の学校で教鞭をとる傍ら、油彩画を続けてきた。生徒が0人だった授業の時も、“育て導く”という教育の原点を求め養護教育の現場に飛び込んだ時も、絵を描いている時は無心になれた。これまで幾何学モチーフの完全抽象画を主にしてきたが、東日本大震災の被災写真修復ボランティア経験を経て、今は具象モチーフを交えた作風に変化した。「言葉にするのは難しい、伝わるか分からない、でも伝えたいもの」を、想いを乗せた筆で描く。

 ○…鎌倉生まれ。3歳で終戦を迎え、藤沢へ。6人兄弟の末っ子。兄たちが買ってくる雑誌に夢中になり、掲載されていた絵を模写すると、その上手さから一躍クラスのヒーローに。自分の絵を誰かが喜んでくれる、褒めてくれることが嬉しくてしょうがなかった。「子ども時代に誰かから認めてもらい、褒められて伸びることが大切。絵は強制されて描くものではない」。約40年間、教育現場で胸に抱き続けた想いだ。

 ○…制作時にはいつも「生みの苦しみとものを作り出す面白み」が付いて回る。同じく画業を行う妻は、よき理解者。2人の息子も芸術畑へ進んだ。「家族をはじめ多くの方に支えて頂いた。少しでも恩返しできれば」と微笑んだ。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

中橋 嘉久(よしひさ)さん

松竹で撮影監督を長年務め、茅ヶ崎映画祭のトークショーに出演する

中橋 嘉久(よしひさ)さん

中海岸在住 80歳

7月1日号

福本 富江さん

茅ヶ崎市内で女性初の剣道7段に昇段した

福本 富江さん

浜須賀在住 75歳

6月24日号

鈴木 理沙さん

6月29日からの女子ラクロスの世界選手権に日本代表の主将として出場する

鈴木 理沙さん

共恵在住 29歳

6月17日号

岩本 和子さん

茅ケ崎警察署に自らの作品4点を寄贈した油彩画家

岩本 和子さん

中海岸在住 87歳

6月10日号

細田 勲さん

茅ヶ崎市まちぢから協議会連絡会の会長に就任した

細田 勲さん

赤羽根在住 80歳

6月3日号

福嶋 大児さん

4月から茅ヶ崎郵便局の局長に就任した

福嶋 大児さん

小和田在住 56歳

5月27日号

小清水仏壇店 お盆セール

お仏壇ご奉仕価格 全商品仏具一式付きで1割~3割引き!

http://www.chigasaki-saijyou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook